勝手に観光大使

勝手に観光大使w

旅先で訪れた素敵な場所をお気に入りの写真と共に勝手に紹介しますw

カンチャナブリーにあるエラワンの滝で身の危険を感じてオワタと思ったら勘違いでしたw
チェンマイでゾウさんと一緒に水かけっこして遊んできたよ
ホーチミンからメコンデルタツアーに行ったら内容濃すぎてもはやアクティビティw
チェンマイで世界最高レベルの夜空を見て体感して泣きそうになってきました

【タイ】タイ王室御用達リゾート地のホアヒンの見どころを勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、タイ王室御用達リゾートの地ホアヒンに行ってきたので勝手に紹介していこうと思います。

 

 

ホアヒンってどんなとこ?

ホアヒンはタイ南部プラチュワップ キーリー カン県にあるタイ王室が保養所として宮殿を建ててた場所でタイの方にとっても少し優雅なリゾート地になってます。

ちなみに日本語表記だとカタカナで『ホアヒン』って記載されることが多いので僕もそうしてますけど、タイ語の発音では【フアヒン】に近いのでタイの方にはフアヒンって言った方が通じやすい気がします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507190159j:plain

ホアヒンの朝焼け



ホアヒンの場所

ホアヒンはバンコクから車で南へ3時間ほどのプラチュワップ キーリー カンにあります。

 

 

ホアヒンへの行き方【バンコク→ホアヒンの移動時間と料金】

バンコクからホアヒンへは、鉄道・バス・ロットゥー・タクシーで行けます。のんびり行ける方なら鉄道の旅がローカル感もあって面白いと思います。

ちなみに僕は滞在期間とか観光プランの関係で料金は高いけど最短時間で動けるタクシーで移動しました。

 鉄道

鉄道の移動時間と料金の目安

移動時間:バンコクのフアランポーン駅から約3時間半~4時間半
料金:片道44~1,500バーツくらい
普通列車と特急列車があったりエアコン無しの席からベット付き個室席等のランクが幾つもあるみたいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511175039j:plain

鉄道

バス

バスの移動時間と料金の目安

移動時間:空港から約4時間
料金:片道300バーツくらい

f:id:kankoutaishi_taka:20210511180511j:plain

バス

ロットゥ【乗り合いバン】

ロットゥの移動時間と料金の目安

内容移動時間:バンコクのエカマイバスターミナルから約3~4時間
料金:片道200バーツ、往復350バーツ

f:id:kankoutaishi_taka:20210511180856j:plain

ロットゥー(乗り合いバン)

タクシー

タクシーの移動時間と料金の目安

移動時間:空港から約3時間
料金:片道2,000~2,500バーツくらい
※途中で寄る場所など含め交渉できると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181010j:plain

タクシー

それぞれこんな感じになります。目安なので利用する機関や運営会社によって料金は変わるのと、それぞれ席のグレードやクラスによってもかなり変わるので利用前に確認してください。

また、鉄道・バス・ロットゥーはそれぞれ到着した場所からホテル等までの移動も必要なので、もう少し時間と料金もかかります。

 

 

ホアヒンの見どころ

ホアヒンビーチ

ホアヒンは海沿いの街なのでビーチやビーチサイドのリゾートでのんびり過ごす方が多い印象です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181425j:plain

ホアヒンビーチ

ビーチサイドにはプライベートビーチみたいにビーチまで徒歩スグってホテルがたくさんあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181458j:plain

砂浜が目の前にあるホテル

漁港が近いからだと思うけど、可愛らしい小舟もちょこちょこ停泊してました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181610j:plain

可愛らしい小舟

漁港の方には漁船がぎっしり並んでました。漁船っていっても小舟と同じサイズなんで僕のイメージしてる漁船よりもだいぶ小ぶりです。漁港付近にはその場で販売してる感じの露店もありました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181720j:plain

ぎっしり漁船

ホアヒンビーチでは、乗馬体験もできるみたいです。ホアヒンビーチといえば乗馬でしょって感じみたいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181819j:plain

お馬さんたち

僕も子供の頃に乗せてもらったことあるけど、ここも子供でも乗れるみたいなんで家族で遊びに来る観光客が多いのも頷けます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511181844j:plain

颯爽と乗りこなす女の子

●ホアヒンビーチの場所

ホアヒンの駅から歩いても15分くらいでビーチに行けます。

ホアヒンナイトマーケット

ホアヒンにはナイトマーケットが幾つかありますが、今回は2泊なので2つのナイトマーケットに行きました。1つは、『Hua Hin Night Market-ホアヒンナイトマーケット-』でメインロードになる『Petchkasem Rd』から横に入る『Hua Hin 72』ってソイにあります。

※ソイとは、メインの道から横に枝分かれしてる路地のことです。soiって表記されてます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507181457j:plain

ホアヒンナイトマーケット

ソイに入ると道路の両側にたくさんの露店が並んでます。お土産品なんかも多いけど、やっぱり海沿いの街なんでシーフードのお店が目立ちます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507181716j:plain

たくさんの魚貝類が並んでます

好きな魚貝類と欲しい分量をチョイス、料理方法もオーダーできます。大人数だと種類もたくさん食べれるから選ぶだけでも楽しいと思います。僕は1人だったんでシンプルにエビを焼いてもらったけど、エビはやっぱコレが一番美味しいと思うww

f:id:kankoutaishi_taka:20210507181913j:plain

焼かれたエビたち

シケダーマーケット

もう1つは、『Cicada market-シケダーマーケット』に行ってきました。シケダーマーケットはハイハット系って噂のお洒落で綺麗に整備されたナイトマーケットです。メインロードになる『Petchkasem Rd』から 南へ入った路地『Hua Hin 87 Alley』沿いにあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507182031j:plain

シケダーマーケット

このマーケットは、アーティストさんが出展してる感じの露店で手づくり品が多いのもあるけど、絵描きさんとかの露店も多かった印象です。オシャレ雑貨からオリジナルブランドらしき衣料品なんかもたくさんありました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507183116j:plain

雑貨・日用品・衣料品エリア

フードエリアの屋台では、先にクーポンを購入して、そのクーポンを使って食べ物と引き換えになります。残ったクーポンは換金できないので、クーポンは買いすぎないように注意してください。

ローカルナイトマーケットと比べると料金的には少し高めの設定だと思うけど、衛生的なこととかでローカルは苦手って方は、ココの方が綺麗なので屋台の雰囲気も味わえるかもしれません。ちなみに僕はローカル屋台でも気にならないですw

f:id:kankoutaishi_taka:20210507183455j:plain

フードエリア
関連記事はこちら

ホアヒン駅

ホアヒン駅はタイ国内で一番美しい駅としてタイの方たちにも人気の観光スポットになってます。

ホアヒンは王室御用達のリゾート地なだけあって、このホアヒン駅には王室専用の待合室もあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511183045j:plain

ホアヒン駅

僕は列車でホアヒンへ行った訳じゃないので詳しいことは分かんないんだけど、時刻表とかを見た感じだとバンコクからホアヒンまではおよそ3時間半ほどみたいです。遅延なんかも時々あるみたいなので予定がビッシリの人は車移動も候補に入れてみるといいと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511183120j:plain

国鉄の列車

駅舎は全体的に赤とベージュ系で統一されてて可愛らしいデザイン感じになってます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511183150j:plain

可愛らしい駅舎

ホームから見えるとこに機関車が展示されてました。昔走ってた機関車なんだろうと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511183342j:plain

機関車

王室専用の待合室は、ホームのすぐ横にあります。僕は旅行から戻った後に王室専用の待合室が駅にあるって知ったので、実際にホアヒン駅を見に行ったときはまだ知りませんでした。

かなり暑い日だったんで『この可愛らしい建物エアコン付きの待合室になってて中に入れないかな〜』って覗き込んだだけでしたw とてもじゃないけど一般人の観光客なんかが入れるようなとこじゃなかったwww

f:id:kankoutaishi_taka:20210511183459j:plain

ホーム横にある王室専用の待合室

●ホアヒン駅の場所

ちなみに列車も見たい人は、そんなに本数多くないので事前に時刻表を調べておくと僕みたいに暑い中で待たなくても済むと思いますw 時刻表はアプリでも一応確認できるの見つけました。設定からタイ語・英語・中国語の言語設定できます。

タイ国鉄のアプリ
ตรวจสอบเวลาการเดินรถ
ตรวจสอบเวลาการเดินรถ
開発元:Phongphodsawat Sangthong
無料
posted withアプリーチ

 

f:id:kankoutaishi_taka:20210511184105j:plain

APP Store

このアプリは、ここ2年くらい更新されてないみたいなので最新ダイヤなのかは分かりませんw 目的地までの乗車時間とか席のグレードや料金の目安にするくらいの使い方がいいかもしれません。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511184342j:plain

バンコク→ホアヒン方面の時刻表

INU CAFE

ホアヒンには『INU CAFE』って名前のカフェがあります。INUって日本語の犬だよね?近頃ではすっかり日本文化のひとつにもなってるアニマルカフェだけど、実は日本文化が多く普及してるタイにもたくさんあるんです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507200725j:plain

INU CAFE

オーナーさんが日本人なのかは分からないけど完全に犬カフェです。ちなみにメニューはタイ語と英語でしたw

f:id:kankoutaishi_taka:20210507201640j:plain

タイティー

店内は緑豊富で雰囲気も良く4匹の柴犬がいました。人懐っこくて大人しい子たちで癒されますよ。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507202218j:plain

ここには可愛いい柴犬たちがいます

日本の日常をオマージュした面白い仕掛けがあるカフェなのでぜひ行ってみてほしいです。

関連記事はこちら

ワット フアイ モンコン วัดห้วยมงคล

ワット フアイ モンコンは、ホアヒンにある寺院で外国人観光客の知名度は低いみたいだけど、現地の方には人気のパワースポットとして知られています。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507194006j:plain

タークシン王の銅像

ここにはタイで最も有名と云われてる高僧ルアン プー トゥアットさんの巨大像とエラワン象、そしてタークシン王の銅像があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507194708j:plain

ルアン プー トゥアットさんの巨大像

お寺の近くには湖もあってタンブンもできます。僕はここで初めて『命を自由にする』というタンブンにトライしてみました。ちなみに自由にしたのはナマズたちとタニシみたいな貝たちですw

f:id:kankoutaishi_taka:20210507195142j:plain

ナマズと貝たち

外国人観光客の少ないお寺ですが現地の方たちに人気のあるお寺なので、きっとたくさんパワーもらえると思います。

関連記事はこちら

ハイシア ホアヒン ホテル โรงแรม ไฮซี หัวหิน

今回のホアヒン滞在でお世話になったホテルが『ハイシア ホアヒン ホアヒン』です。ホアヒンナイトマーケットにも歩いて10分くらいのとこで少し遠目だけど海も見える綺麗なホテルです。インフィニティプールもあるし暑い昼間はプールでのんびり過ごすのもいいと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507190255j:plain

インフィニティプールからの眺め

シービューのお部屋もあってバルコニーからの眺めも含め快適でした。お風呂にはバスタブもあるしお部屋だけじゃなくてホテル自体が綺麗に清掃されてて気持ち良く過ごせるホテルです。レセプションの方も丁寧で英語対応可で安心して過ごせます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507185955j:plain

シービューのお部屋

朝食はブッフェ形式で品数も結構あって充実してました。コンビニ・食堂・屋台も周辺に揃ってるので困ることはないと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507185016j:plain

ホテルの外観

僕が泊まったときは、1泊7,000円くらいだったと思います。時期によってかなり差がありそうなので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事はこちら

 

 

ホアヒンに行くなら併せて行ってほしい

ホアヒンに行くならバンコクとホアヒンの真ん中くらいのペッチャブリー県にある『ถ้ำเขาหลวง-タムカオルアン-』もめっちゃくちゃおすすめです。

【タム】はタイ語で『洞窟』って意味なのでカオルアン洞窟。タイには幾つも洞窟寺院があるんだけど、このタムカオルアンは特に人気のある洞窟寺院です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210507205253j:plain

カオルアン洞窟寺院

このタムカオルアンは、洞窟上部に開いてる穴から差し込む光によってとても神秘的な美しい光景が見られるのも人気のひとつです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511185819j:plain

洞窟に差し込む光

洞窟内は結構広い空感になっていて、たくさんの仏像や仏塔があります。洞窟には20m以上階段を降りて入るようになってます。帰りはこの急な階段を登るので結構しんどいですw

f:id:kankoutaishi_taka:20210511185918j:plain

洞窟入口の急な階段

たくさんお寺のあるタイでも洞窟寺院となると中々見る機会も少ないと思います。バンコクから車で1時間半くらいなので、そこまでハードルも高くないと思います。個人的にはホアヒンに行く途中で寄るがおすすめです。

関連記事はこちら

 

 

ホアヒンで出会ったワンコ【おまけ】

ハイシア ホアヒン ホテル前の道路の反対側に出てた屋台の看板犬。いつもテーブルの上でのんびりしててすごく大人しくて可愛い子でした。屋台のおじちゃんおばちゃんも優しくてワット・フアイモンコンまでの行き方を教えてくれたりタクシーのドライバーさんに説明してくれたり本当に助かりました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210511190109j:plain

看板犬



最後に

ホアヒンは、ビーチリゾートとはいってもプーケットパタヤとは違ってビーチ沿いにBARとかCLUBが並ぶような場所じゃないので、お酒飲んで騒ぎたい人にはもしかしたら向かないかもしれませんw 日本でも田舎の方が日本らしい部分が多いのと同じでタイも田舎の方が、よりタイらしい雰囲気を楽しめます。都会から離れて海の近くでのんびりするのにいい街だと思うのでバンコク以外に行きたくなったときはホアヒンもチェックしてみてください。

【タイ】チェンマイでお気に入りのごはん屋さんを勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、チェンマイ滞在中に出会った美味しくてお気に入りのごはん屋さんを勝手に紹介していこうと思います。

 

 

 

 

程よい街のサイズ感とごはん屋さん

チェンマイは、程よい街のサイズ感で何となく『今日はあの辺りでごはん食べよう』って決めて出かけてその一つの密集エリアで選ぶってスタイルでごはん屋さんを探してました。特に夜はナイトマーケットや屋台街など多くの人がごはんを食べるエリアが、ある程度限定されてるんです。もちろん単独型のレストランや食堂もたくさんありますけど、何食べるか決まってないって時に、今日はとりあえずあの辺りのエリアで探そってなります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181454j:plain

ナイトフードマーケット

バンコクだと見ながら探そうってなると、お店の数が多すぎてキリがないですからねw チェンマイに少し長めの滞在してて何食べるか迷った時は、この記事のごはん屋さんに行ってみてください。短期滞在だと食べれる食事の回数も限られてるのでなるべくメニューを絞って、後でアレ食べておけば良かったってことが無いようにしたいですね。そんな方には、チェンマイの北部料理もおすすめします。

関連記事はこちら

 

 

 

パッド ママー

この屋台は、チェンマイゲートのナイトフードマーケットにある屋台で、なに食べても美味しいです。屋台の名前は分からないけど下の写真の屋台です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181727j:plain

こんな屋台です

値段もほとんどが40~50バーツでかなり良心的です。このお店のメニューは下の写真みたいな感じで裏面にもメニューがあって種類も豊富です。人気の屋台なのとレストランとかの厨房とは違いガスコンロが2台だけなんで時間帯によっては料理がくるまでそこそこ待ちますけどのんびり待ちましょう。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181800j:plain

メニュー

この屋台で特に好きなのが、英語名だとフライドヌードル。タイ風焼きそばは、タイでは定番の『ママー』ってインスタントのちぢれ麺を使った焼きそばです。タイって味付けが美味しいんだよね!炒めてタイ風の味付けにしたら雑草すら美味くなりそうwww

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181904j:plain

安定の味でいつでも美味しい焼きそば

ムートッド クラティーアン

これは同じ屋台でもう1つのお気に入りで、これはもう間違いなく日本男児は好きなヤツだと思うw 英語名だとガーリックポークソテーwithライス。すごくシンプルなガーリックポークソテーなんだけど、ご飯ススんじゃうし少し甘めの味付けが本当に美味しいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181949j:plain

ガーリックポークソテーwithライス

この屋台の場所

チェンマゲートはお堀の南側の門で、ターペー門からだと歩いて15分くらいです。トゥクトゥクソンテウなら2分くらいで着きます。

屋台がたくさん並んでるんですけど、営業してる時はいつも同じ場所で営業してるので詳しい場所は下のマップを参考にしてください。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503182044j:plain

更に詳しく

バミーへーン

この麺料理のお店もチェンマイゲートのナイトフードマーケットにあります。コチラも屋台の名前分かんないけど黄色い看板が目印のクィッティアオ屋さんです。『クィッティアオ』はタイ風ラーメンのことでタイなら何処でも食べれる国民食です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183241j:plain

黄色い看板が目印

このナイトフードマーケットの真ん中に横断歩道があるんだけど、横断歩道のすぐ左にあるので地図とこの写真を元に行けばすぐ分かると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183311j:plain

ナイトフードマーケットにある横断歩道

タイでは、中華麺(たまご麺)のことをバミーっていうんだけどタイ風ラーメンの中では個人的にこのバミーが一番好きです。タイの麺料理屋さんでは麺の種類が選べるお店が多いから他の麺も食べてみてください。下に載せた写真はバミーヘーン(汁なし)でこのお店で一番の僕のおすすめメニューです。普段はバミーナーム(汁あり)を食べることが多いんだけど、猫舌だし暑い屋外で食べる時は汁なしをチョイスしたりします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183346j:plain

バミーヘーン

汁なしは混ぜそばみたいな感じで美味しいです。どこのお店でもスープがセットで出てきます。汁なしを初めて注文した時はスープが別にきたんで、つけ麺みたいに食べるのかな?ってちょっと混乱しましたw たぶん日本人にしか無い混乱だと思うけどwww スープはスープで飲めばOKですw
この屋台の汁ありは、普通に美味しくて汁なしは、マジで美味しいです。タレの味付けがめっちゃ僕の好みです。ちなみに下の写真が同じ屋台の汁ありのバージョンです。汁ありのおすすめクィッティアオ屋さんは後ほど別に紹介します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183458j:plain

バミーナーム

この屋台の場所

先に紹介した屋台と道路を挟んだ反対側に出店してます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183629j:plain

詳しい場所

ちなみにこのチェンマイゲートのナイトフードマーケットにはカオソーイのお気に入りの屋台もあるんですけど、『カオソーイ』はタイの北部料理なので、この記事の冒頭にリンク貼ってますけどそちらの記事で紹介してます。

チェンマゲート ナイトフードマーケットの営業時間

【営業時間】

17:00~23:00

※屋台によって営業時間や店休日が異なります。これはあくまでも目安になります。

 

 

カオカームー チャンプアック

カオカームーは、豚足をトロトロほろほろに煮込んだ料理でご飯にもたっぷり煮込んだ汁をかけてくれます。タイの高菜みたいなお漬物とお店によってですが、ゆで卵か煮玉子が付いてます。ほろほろの豚肉とコラーゲンたっぷりって感じのトロトロのゼラチン質のとこを手際よく刻んでくれます。日本だと角煮丼のイメージに近いと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184205j:plain

トロトロほろほろなカオカームー

カオカームーはタイならどの地域でも食べれる料理だけどこのお店は、友達に教えてもらった屋台で、チェンマイではちょっと有名らしくカーボーイハットがトレードマークのおばちゃんが店主のお店です。『ข้าวขาหมู ช้างเผือก-カオカームー チャンプアック-』ってマップには載ってるけど、コレって料理名と地域名なのでお店の名前かどうかは分かりませんw 看板に店主の写真があるのでスグに分かると思います。テイクアウトの人が多いけど屋台の裏にテーブル席があるのでここでも食べれます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184313j:plain

カーボーイハットがトレードマーク

味も美味しくていつも屋台には人が並んでます。ちなみに最初の皿盛りの写真は屋台の方じゃなくて、2号店としてオープンした店舗の方で食べた時のです。ここの屋台に行く時は、いつもテイクアウトするので、どうせ写真撮るなら弁当箱よか皿盛りの方がいいもんねw 屋台があるのはナイトマーケットなんで夕方からのオープンだけど店舗の方だと朝から夕方までの営業みたいです。
本当に美味しくてつゆだくのカオカームーは僕にとっては飲みもの感覚ですwww

この屋台の場所と営業時間

この屋台はチャンプアックゲート近くのチャンプアックナイトマーケットにあってチェンマイゲートのナイトフードマーケットと反対側のお堀沿いにあります。ターペー門から歩いて20分くらい。トゥクトゥクソンテウなら3分くらいです。

【営業時間】

17:00~0:00 無休

※営業時間や店休日は変更になる事があるので事前に確認してください。

店舗の方は下の写真みたいな感じです。屋台からは徒歩15分くらい、ターペー門から徒歩10分くらいのお堀沿いにあります。屋台はお堀の外回りで店舗はお堀の内回りにあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184737j:plain

店舗の看板も分かりやすいw

店内はエアコンも効いてて涼しいので、昼間の暑い時間帯にカオカームー食べるならここがいいと思います。外は暑いからねw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184806j:plain

店内の様子

店舗の場所と営業時間

【営業時間】

08:00~17:00 無休

※営業時間や店休日は変更になる事があるので事前に確認してください。

お堀沿いは、川を挟んで外回りと内回りで一方通行になってます。この辺の道路は一方通行が多いのと、観光客が多い時期は頻繁に検問があります。運転する時は必ず国際免許証を携行して一方通行などにも十分に気をつけてください。

 

 

テンヌンのとり天ガパオライス

このお店は『Teng Nueng-テンヌン-』って名前のお店で旧市街にあります。ワット・プラシンから歩いて5分くらいです。ここは木々に埋もれた感じの外観で店内には小さい池みたいのもあってオシャレ感のあるオープンエアで森の中のお庭みたいなお店です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185237j:plain

緑が豊富なお店

オープンエアなおかげで日中は屋根はあるけど暑いですw なので僕はいつも行く時は、夕方の少し涼しくなり始めたディナータイム前を狙って行ってました。人気店なのでディナータイムは混みます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185259j:plain

夕方のひととき

お店の前の道を行き交う車やバイクをぼーっと見ながらお料理がくるのを待ちます。テンヌンにはテラス席と店内席があります。僕はいつもテラス席を選んでましたけど店内席の方が雰囲気は素敵だと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185353j:plain

雰囲気のある店内席側

テンヌンは、何食べても美味しかったけどやっぱりイチオシはとり天ガパオ!

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185416j:plain

とり天ガパオライス

ここでしか見たことないスタイルで、とりの天ぷらに素揚げされてパリパリになったバジルが乗ってます。小鉢にはバジルなしでちょっと辛めのガパオが入ってます。とり天と揚げたバジルには味はついてないのでガパオと一緒に食べると最高です。実際には天ぷらよりフリッターに近いかも。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185520j:plain

目玉焼きなしは40バーツ

目玉焼き乗せても50バーツって、このクオリティなのに安めの設定だと思います。

テンヌンの場所と営業時間

【営業時間】

11:00~20:30 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

ポン食堂のガパオライス

ここは『ป.ปอง-ポン-』って看板に書いてあるので、たぶん【ポン食堂】って感じだと思いますw ナイトバザールから徒歩なら15分くらい、トゥクトゥクなら2分くらいで行けます。ナイトバザールのある同じチャンクランロード沿いなので真っ直ぐ行くだけです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191219j:plain

ナイトバザールから真っ直ぐ行くだけ

ロックダウンで店内で飲食が出来なかった時もよくテイクアウトでお世話になった食堂です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191241j:plain

テイクアウト用のカウンターもある

ここのお母さんにガパオ注文すると、いつも『目玉焼きも付けるでしょ?』って優しい笑顔で聞かれますw もちろんいつも目玉焼きもお願いしますww 写真はロックダウン前に店内で食べた時の写真です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191320j:plain

ボリュームあるガパオライスポーク

ここのお店は、他よりもボリュームがあってお腹いっぱいになります。ごはんも多めな気がするけど特にひき肉が多めなので、ひき肉の配分を気にせず最後までリッチな気分で食べきれますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191351j:plain

入口の壁に貼られた大きなメニュー

僕が注文するガパオライスにいつも赤い色味が足りないのは、僕が辛いのダメなんで唐辛子抜きにしてもらってるからですw そこは察してwww ガパオライスは40バーツで目玉焼きつけて50バーツでした。しっかりとしたガパオの味付けで他とは少し風味が違うけど僕好みで美味しいお店です。

ポン食堂の場所と営業時間

 【営業時間】
10:00~20:00 日曜休み
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

カオマンガイ ウアンオーチャー 2号店

このお店は、『カオマンガイ ウアンオーチャー2号店』って名前でチェンマイのナイトバザール界隈ではカオマンガイの名店として人気だそうです。ピーク時にはたくさんのお客さんで賑わってました。夕方には閉まってしまうのからなのか、僕の記憶では朝ごはんの時間帯にかなりお客さんが多かったと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191745j:plain

店内も広めで席数も多いです

カオマンガイ好きな日本人も多いのできっと気に入ると思います。僕はノーマルのカオマンガイよりも揚げてある揚げマンガイの方が好きですw なのでここに来たら大体ミックスを注文します。てかここは2号店って名前なんだけど1号店はどこなんだろうwww

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191809j:plain

ミックスチキンのカオマンガイ

揚げマンガイだけだと少し寂しいですけど、繋ぎで食べる時はこれくらいが丁度いいです。基本的にタレは辛めのが小皿に入ってやってきます。僕はそのタレが辛すぎてダメなのでいつもスィートチリソースをもらってますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191856j:plain

揚げマンガイだけのバージョン

店によって、揚げマンガイはガチガチに揚がってて鶏肉の旨みよりも揚げ物の主張が強いとこもあるけど、ここのは鶏肉の旨みが勝っててご飯の鶏だしの炊き込み具合もしつこ過ぎずいい感じです。料金はミックスでも50バーツです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191933j:plain

メニュー表はタイ語のみ

少し裏通りだけど広めの食堂なんでスグ分かると思います。本来は店内で注文書を書いてオーダーするみたいだけど、僕はタイ語の読み書きができないので店員さんに直接お願いしてました。書けなくてごめんなさい。それでも美味しいからまた行くと思いますw

ウアンオーチャー2号店の場所と営業時間

ナイトバザールのあるチャンクランロードより一本ピン川寄りの通りです。

【営業時間】
06:30~15:30 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

クィッティアオ ホイカー リンピン

このお店は、『ก๋วยเตี๋ยวห้อยขา ริมปิง-クィッティアオ ホイカー リンピン-』って名前のお店でリンピン地区のピン川沿いにあります。ロングステイの外国人が多いチェンマイなので外国人は見かけるけど、いかにも観光客って感じのお客さんはほとんど見かけない地元の方にめっちゃ人気のお店です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193019j:plain

クィッティアオ ホイカー リンピン

お店の名前にもなってるホイカーは【ぶら下がった足】って意味みたいですw 何の事やらって思うけどメニュー見て意味がわかりました。ピン川沿いにあるこのお店のテラスには下の絵みたいに川を眺めながらご飯が食べれるカウンター席があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193053j:plain

メニュー表紙に描かれた足のぶら下がった絵

テラスあるカウンター席からの眺めはこんな感じです。もちろんオープンエアなんで日中は暑いと思いますw 僕はお昼前とか夕方くらいの涼しめな時間帯に行ってました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193119j:plain

ピン川を眺めながら

一般的にクィッティアオを食べる時は、麺の種類とスープの有り無しやスープの種類、豚肉とか鶏肉とか具材をトッピングして注文する感じです。何度も書いてますが、僕がよく食べるのはバミーナームですけどこれは、麺がバミー(中華麺)でスープが正確にはナムサイ(塩味なクリアスープ)です。こんな感じで麺とスープを選んで注文します。いつもトッピングは特に選んでないんで、お店によって違うけどベースになってる具材のつみれみたいのとか何かしらが入ってます。ちなみにこの時は、センレック ナムトックを食べました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193207j:plain

クィッティアオ センレック ナムトック

センレックは、米粉からできたライスヌードルでタイだと中麺になります。日本の中華麺でいうとこの太麺くらいの太さです。スープのナムトックは、豚の血とかが入ったスープだけど血の味なんかしないし、くさみもなくて深みのある味で美味しいです。僕がタイ風ラーメンを食べる時はバミーを選ぶことが多めだけど、このお店では人気のライスヌードルのセンミー(そうめんくらいの細麺)かセンレックを注文することが多いです。ちなみにクィッティアオ屋さんにはセンヤイっていうパッと見ワンタンかなって思うくらいの極太麺もあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193307j:plain

バミー ナムトック ムー(ムーは豚肉)

このお店ではカオソーイも人気です。まぁ北部料理なんでタイ北部ならあちこちでカオソーイは食べれますけどw 辛さに対して人並み以下の防御力しかない僕には少しピリ辛だけど、コクがあって人気なのがよく分かります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193433j:plain

人気のカオソーイ

お店によっては上に乗せる揚げ麺に細麺を使ってるお店もあるけど、僕はこの太さの揚げ麺が乗ってるカオソーイが一番好きです。ここは人気店だけど嬉しいローカル料金のお店ですクィッティアオが40バーツでカオソーイが45バーツくらいだったと思います。一杯がそんなに多くないので二杯くらいはぺろっと食べれると思いますw

クィッティアオ ホイカー リンピンの場所と営業時間

ナイトバザールから歩いて15分くらいのピン川沿いにあります。

【営業時間】
09:00~18:00 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

最後に

今回おすすめしたのは、本当に個人的な好みですけど、気に入る方もたくさんいると思います。合わなかったらごめんなさいw チェンマイに行く予定の方で気になった人は行ってみてください!今回おすすめしたタイ料理はチェンマイ以外でも食べれる料理なのでタイ料理をまだよく知らない方は、タイ料理食べる時の参考にでもしてみてください。

おすすめ記事

 

【タイ】チェンマイに行ったら絶対に食べてほしい北部料理を勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、チェンマイ滞在中に出会った美味しい北部料理を勝手に紹介していこうと思います。

 

 

 

 

タイ北部にあるチェンマイでは北部料理がやっぱり美味しい

タイ北部にあるチェンマイは北部料理がとても美味しいです。北部料理とは別にチェンマイのおすすめごはん屋さんの記事も書いてます。

関連記事はこちら

 もちろんバンコクでも北部料理が食べれる美味しいお店もたくさんあるけど、せっかく北部料理を楽しむなら本場のチェンマイで食べてほしいです。ちなみにタイではイサーン料理も有名だけどイサーンはタイの東北地方になります。お互いに影響受けてると思うんで似てる料理もあると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020248j:plain

ナイトフードマーケット

 

 

カオソーイ

チェンマイで食べてほしいNo.1は間違いなくカオソーイです。チェンマイならあちこちで食べれるので食べ比べてお気に入りのお店を見つけるといいですよ!見た目は赤いきつねの麺みたいな感じで、うどんみたいな太さの平麺です。上には揚げた麺とパクチーが乗ってて、麺の食感の違いがすごくいいです。パクチー苦手な人は入れないでって言えばパクチー無しで作ってくれます。味はピリ辛のココナッツカレーつて感じです。お肉はお店によってチキン・ポークから選ぶとこもあります。王道はチキンでカットしてるとこと、ごろっと骨つきで入ってるお店があります。ちなみにタイ語でチキンは【ガイ】なので注文の時は『カオソーイ ガイ』って注文するとチキンがきます。まぁチキンとポークくらいなら英語でも問題なく伝わります。 別皿に漬物みたいのとカットされた紫の玉ねぎとライムが付いてきます。お店によっては初めから器に入ってるとこもあります。混ぜて一緒に食べると美味しいですよ!

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020437j:plain

カオソーイ・ガイ

ちなみにこのお店はインスタ友達に教えてもらったお気に入りの屋台でチェンマイゲートのナイトフードマーケットにあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020504j:plain

カオソーイの屋台

辛いのが苦手な僕にも丁度よくってコクがあってスープも美味しいし骨付きの丸ごとチキンはほろほろで箸でも簡単にホグれます。説明してるだけで食べたくなってきたw 僕の経験上だとちょっとオシャレで高めなお店よりも屋台の方が断然美味しいです。ここのカオソーイは40バーツでした。

ナイトフードマーケットの場所と営業時間

チェンマイゲートのナイトフードマーケットにはたくさんの屋台が並んでます。

基本的には営業してる日は同じ場所に屋台が出てるけど、お休みの日は違う屋台が出てたりします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020638j:plain

更に詳しく

【営業時間】

ナイトフードマーケットは毎日17:00~23:00くらいで営業してます。

※詳しい営業時間や店休日は分かりません。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020711j:plain

川の上の広場にこんなイートスペースがあります

 

 それでも衛生的にとか暑いから屋台はムリって方には、ニマンヘミン地区にある『カオソーイ ニマン』ってお店がおすすめです。ニマンヘミン地区は、日本人を含め長期滞在してる外国人が多い地区で綺麗なコンドミニアムが多かったりします。周辺にはショッピングモールやおしゃれなカフェも多いエリアです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020747j:plain

カオソーイ 二マン

カオソーイ 二マンは、観光客に人気のカオソーイ屋さんで種類も豊富でお店もオシャレでオープンテラスとエアコンの効いた室内席があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020815j:plain

カオソーイ二マンのカオソーイ・ポーク

食事時はいつもめっちゃ混んでるんで時間ズラして行った方がいいと思います。東南アジアにまだ慣れてない人を連れてくとしたら、ここの方が雰囲気も含めて間違いないかもです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504020845j:plain

メニューで分かるオシャレ感

エアコンあって涼めるしオシャレなお店です。 ここのカオソーイは80バーツくらいからだったと思います。

カオソーイ ニマンの場所と営業時間

【営業時間】

11:00~20:00 無休

※営業時間や店休日は変更になる事があるので事前に確認してください。

 

 

サイウア

サイウアは、色んな香草が入っててほんのりレモングラスが香る北部のソーセージです。僕には少し辛いんだけど、香草系の味がしてこの独特の風味がクセになる大人の味ですw ビールのお供に良さそうな感じです。ビール飲まないから知らんけどwww 僕はお酒のアテにって感覚が分かんないけど、白米のアテになりそうって感覚なら分かりますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022340j:plain

クルクルしたサイウア

何処のマーケットでも簡単に見つけられるくらいチェンマイではメジャーな食べ物です。注文すると下の写真みたいに食べやすくカットされて出てくることが多いです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022415j:plain

ちょっとピリ辛なサイウア

 

 

ネーム

ネームは、豚肉とガーリックとその他調味料を混ぜて発酵させた食べ物らしく少し酸味がある食べ物です。レストランだと違ったスタイルで出てくるので同じ食べ物って気づかなかったですw

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022457j:plain

レストランで出会ったネーム

僕が好きなのは屋台で売ってる串焼きタイプで、旧市街付近のマーケットだとボリュームのあるサイズのネームが多いです。ボリュームもあるし酸味がほんのりしてたまらなく美味しい串焼きです。20バーツくらいだと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022544j:plain

ボリュームのあるネーム

下の写真のはローカルマーケットなので料金も安くてその分、サイズも少し小さくなってます。ちなみにここのは10バーツでした。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022609j:plain

酸味がいい感じのネームの串焼き

 

 

ゲーンハンレー

色んな種類のカレーがあるタイですがゲーンハンレーは、北部を代表するカレーです。トロトロまで煮込まれた豚肉がゴロっと入ったカレーで生姜が効いてるのが特徴です。やっぱり生姜と豚肉って相性がいいですよね!僕の中では豚の生姜焼きは小学生の時既に殿堂入りしてましたからねw 味はピリ辛だけど凄く深みがあってほんのり甘めな味です。辛いのダメな僕でも食べやすいカレーです。どうやら作るのに手間がかかる料理らしく北部以外だと見つけにくい料理みたいです。せっかくチェンマイ行くなら外さない方がいい料理です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022720j:plain

ゲーンハンレー

ちなみにこのお店は、ข้าวซอยกลอยใจ【カオソーイクロイジャイ】ってお店で旧市街から車で1時間半ほどのメーカンポンの山奥にあるカオソーイが人気のお店です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022754j:plain

カオソーイ クロイジャイ

僕はそんなカオソーイの人気店でカオソーイ食べないって不届き者ですww タイ語メニューが読めない僕は、ゲーンハンレーを見つけられる確率が低いので店内でゲーンハンレーの写真とかを見つけたらすぐ食べたくなるんですw 実際にはググれば簡単に見つけられると思いますけどねww このお店は地元の方たちのインスタスポットになってる『Lung Pud Pa Peng Coffee』ってカフェの向かいの2階にあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210504022842j:plain

みんな映え写真撮ってます

この辺りは小川を眺めながらとか崖の上から集落を見渡せるような絶景山奥カフェがたくさんあるすごく素敵な村なんです。カオソーイ クロイジャイの詳細やメーカンポンが気になる方は別記事に書いてるので良かったら見てみてください。

関連記事はこちら

 

 

最後に

タイ観光では人気のチェンマイですが北部料理とは知らずに食べていたネームの串焼きをはじめバンコクではあまり見かけない料理がチェンマイにはたくさんあります。その地域の料理が食べれるのも旅の楽しみの一つです。チェンマイという穏やかな土地で北部ならではの美味しいものを食べて心も体も満たされてみてください。

おすすめ記事

 

【ベトナム】ホーチミンで何故かよく出会う詐欺師たちとボク

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、ホーチミンで2回も出会った詐欺師を勝手に紹介していこうと思います。

 

 

 

 

シュチュエーション

訪れた時期は2019年10月某日、ホーチミンへは5回目の来訪でした。毎度の事だけど少し涼しくなって、街にも人が増え東南アジアの活気に満ちた夕方の街をお散歩がてら散策して歩いてました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429135623j:plain

夕方のホーチミンの街並み

場所は、ドンコイ通り付近の横道で路肩に屋台とかが出てて子供レストランみたいなプラスチックの小さな椅子にたくさんのお客さんが座ってご飯を食べたりしてる感じの路地です。そんな風景を『楽しそうだな〜みんな何食べてんのかな〜?』って感じで見ながら歩いてました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429135817j:plain

ドンコイ通り

 

 

髭ヅラの背高ノッポ登場

路肩屋台が幾つかあるとはいっても暗くなり始めた路地は少し薄暗いです。歩道を歩く僕の正面からかなり背の高い髭ヅラの白人さんがコチラに向かって歩いてきてます。もちろん知らない人なので普通にすれ違うつもりで歩いてたんだけど『Excuse me』って声をかけられて足を止めました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429135950j:plain

沈没してそうな白人さん



英語わかる?

少しなら分かるよ

昨日ホーチミンに来たんだけど、パスポートもお金も入ってるバッグ盗まれて困ってる

そうなんだぁ 大変だね…

昨日からずっと歩き回っててご飯も食べてないんだよね

そっかぁ お腹空いたね

何か食べさせてよ

 

 

人間観察

髭ノッポはそんな感じの事を言ってます。僕の翻訳なんで難しい部分は聞いても聞き流してます。どうせ聞いても分かんないんでwww そんなレベルの英語力ですw どちらかといえば僕は普段の生活でも旅してる時でも人間観察をするのは好きな方です。そんな事もあって髭ノッポの悲劇の話を聞きながら、彼の話し方とか服装とかチェックしてました。昨日からご飯も食べず歩き回ってたって言ってるワリにアイロンがけされたシャツを着てます。欧米系の方は旅行先でもドレスアップして食事やBARにお出かけする事が多いです。その関係でシャツやジャケットを持って旅行する方も結構いらっしゃいます。東南アジアだと暑いのでジャケットはさすがに要らないけど、僕も見習ってシャツくらいは持って旅する事もあります。ただしお酒飲まないんでBARに行く機会はほぼないんだけど地元の方と話したり、その土地の事をゆっくり聞いたりできる場所でもあるので、時々は少し高めのコーラを飲みにBARへ行ったりもしますw その髭ノッポはそんな感じで綺麗なシャツを着てるんです。普通は昨日から歩き回ってたら疲れてどっかに座り込んで休んだり寝っ転がったりしますよね?そんな綺麗な状態のシャツを着てる訳がないんです。それに足元はサンダルだったんだけど、ホーチミンの街中を裸足にサンダル履きで歩き回れば砂ボコリや排気ガス汚れでそれなりに黒く汚れます。現に3時間程お散歩してた僕の足は黒くなってました。何ならその髭ノッポの足の方が僕よか綺麗な足してますw ちなみに僕はお出かけ前にシャワー浴びたんでクリアな状態からの3時間ですww なのに一晩歩いた人よか汚れてるなんて変でしょ? 話してる感じも何だかフワフワしててどことなく真実味がないのでたぶん葉っぱ愛好家かなって感じですw

 

 

そんなこんなで僕の対応は

人間観察をした結果は『クロ』って事でお金を渡したりご飯を食べさせるのはダメって判断をしました。

 

パスポートまで盗まれたなら大使館とか行ったの?

まだ行ってない

そんじゃとりあえず警察に行こう!僕も一緒に行ってあげるから

………ゴハン

警察署分かるから連れてってあげるよ

…………。

行こう

イヤ…ボクイカナイ

 

って感じで落ち着きがなくなって少しづつ後ずさりして離れて行きました。嘘をついてるのは間違いないと思います。

 

 

2019年12月某日

前回のホーチミンから2ヶ月後のクリスマス時期に再訪しました。毎度の事だけど少し涼しくなって、街にも人が増え東南アジアの活気に満ちた夕方の街をお散歩がてら散策して歩いてましたw この時は、ホーチミンに初めてUNIQLOがオープンしたって聞いたんで特に買う物があった訳じゃないけど、ベトナムの方たちの反応が気になったので見に行きました。個人的な興味であって別に視察でも何でもないですよw

f:id:kankoutaishi_taka:20210429142345j:plain

ホーチミンにオープンしたUNIQLO

店内には結構お客さんも入ってて、日本なら秋冬物くらいな感じの洋服が人気な感じでした。暑がりな僕としてはホーチミンで秋冬物は暑すぎる気がするけど現地の方たちは日焼け対策も含め長袖の方が多いので秋冬物がいいのかも。そんな感じで個人的なリサーチをしたら夜ご飯を求めて散策に向かいます。

 

 

髭ヅラの背高ノッポ登場 2回目w

UNIQLOを後にして目の前のビンコムセンター横の歩道を歩く僕の正面からかなり背の高い髭ヅラの白人さんがコチラに向かって歩いてます。知ってる人だけどアイツ嫌いなので普通にすれ違うつもりで歩いてたんだけど、やっぱり『Excuse me』って声をかけられて足を止めました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429142505j:plain

ビンコムセンター



英語わかる?

NO-----!!

…………。

 

あまりにはっきり言ったんで引き気味にフリーズしてる髭ノッポそっちのけで歩き去りますw

 

何で毎回僕に声かけるん…ブツブツ…2ヵ月前から同じ事やってるブツブツ…どんだけ滞在してんだよブツブツ…羨ましいじゃねえかブツブツ(日本語)

 

 髭ノッポの方は全く覚えてない感じだったけど、僕はしっかり覚えてましたw 正面から歩いて来た時には既に気づいてたんで、ちょっとデカめの声でハッキリ『NO』って言ってやりましたw 少し食い気味に返事したんで髭ノッポは若干引いてましたwww てか何で僕に声かけるんだろうか? それだけ狙いやすそうに見えてるって事だよねw

 

 

新しい出会い

前回学んだ僕は、髭ノッポをサクッと切り捨てて夜ご飯の散策に戻ります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429145005j:plain

ホーチミン人民委員会庁舎

ライトアップされたホーチミン人民委員会庁舎を横目にインスタ映えポイントのカフェアパートメントのあるグェンフエウォーキングストリートを抜けて路肩屋台のある気になるエリアへ向かいます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210429145032j:plain

カフェアパートメント

キラキラしたエリアから路地に入ると明かりも減り薄暗くなります。すると見た感じ50代くらいの白人のご夫婦らしき2人組のご婦人の方から『Excuse me』って声をかけられ足を止めます。

 

英語わかる?

少しなら分かるよ

私たち困ってるの… 彼のクレジットカードがATMに吸い込まれちゃって…

そうなんだ

だから少しお金ちょうだい

 

 

人間観察

ご婦人はこんな感じの事を言ってます。男性の方はほとんど話さず何かモゴモゴ言ってたけどほとんど英語分からなそうでした。ご婦人もあまり上手な英語ではなかった。お前が言うなよってツッコミありがとうございますwww それはさておき何処の国の人達だろう? てかATMにカード吸い込まれたぐらいなら先ず銀行に連絡するし、いい歳した大人が二人で海外旅行するのにカード1枚しか持ってないって事もないと思う。日本と同じようにベトナムもカード文化がそんなに強い訳でもないので、入国したら必ず現金の準備はするハズです。

 

 

そんなこんなで僕の対応は

人間観察をした結果は『クロ』って事でお金を渡すのはダメって判断をしました。

 

 

そのATMの銀行には連絡したの?

してないわ

何でしないの⁉

……。

とりあえず警察に行ったら?

警察は…

さっきすぐソコに居たから案内してあげるよ!

No Police…

 

って感じで落ち着きがなくなって少しづつ後ずさりして二人は離れて行きました。嘘をついてるのは間違いないと思います。

 

何で僕ばっかり声かけるん…ブツブツ…今日だけで2回目だしブツブツ…そんなに騙しやすそうに見え…ブツブツ…(日本語)

 

 

最後に

ほんの数十分の間に2組も詐欺ともいえない様な幼稚なレベルの話を聞かされました。しかもベトナムの方じゃなくて外国人です。自国でもない土地で外国人観光客を狙って詐欺をしてます。確実に日本人は標的にされてます。日本人は助けを求められたら断る可能性が低いって国民性を明らかに利用してます。悪く言えば舐めてます。ハッキリ言ってベトナムのお金を少し渡した所で、日本人にとっては大した金額じゃないです。でもそうゆう事じゃなくて、もしベトナムで被害にあえば、もちろん被害にあった旅行者は嫌な想いをするしベトナムを嫌いになるかも知れないしそんなの許せないです。彼等がやろうとした事は間違いなく犯罪です。なので実際に僕がやられたスリ被害も含め記事にしました。皆さんは未然に防いで楽しい旅にしてください。

関連記事

【ベトナム】ダナンの見どころを勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、ベトナムのダナンに行って来たのでダナンの見どころを勝手に紹介していこうと思います。

 

 

 

 

ダナンってどんなとこ?

ダナンは、ビーチリゾートとしても世界的に有名な場所です。その他にも古い町並みが世界文化遺産に登録されてる人気の観光地『ホイアン』もあります。4月~8月が乾季で9月~3月が雨季とされてるけど、特に雨が多いのは9月~11月みたいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173657j:plain

ダナン

 

 

ダナンの場所

ダナンは、ベトナムの中部に位置していて日本からの直行便だと約6時間くらい。ダナン国際空港からダナン市街まではタクシーで20分ほどなんで移動はめっちゃ楽ちんです。

※コロナの影響で直行便が無い場合、経由等の時間表示なってることがあります

 

 

ダナン国際空港

ダナン国際空港は、国内線と国際線ターミナルに分かれてます。第①ターミナルが国内線で第②ターミナルが国際線です。なので日本から行く場合は第②ターミナルに到着します。僕は日本から飛んだことないので調べましたw 空港はあまり大きい印象はないですけど綺麗でスッキリしてて、レストランとかも充実してたと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173216j:plain

WELCOME TO DA NANG

もちろんダナン空港でもツーリスト用のSIMカード販売窓口がたくさんあるのでSIMフリー端末を使ってる人はすぐに購入できます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173452j:plain

現地SIMカード買えます

第①と第②ターミナルは隣りにあって歩いてすぐなので乗り換えも楽ちんです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173521j:plain

ダナン国際空港

 

 

ミーケビーチ

ダナンのビーチで一番人気なのがこのミーケビーチでヤシの木が並んでる雰囲気が南国らしくて素敵です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173633j:plain

ミーケビーチのヤシの木

南北へと長いビーチは、目視だとどこまであるのかよく分かんないくらい長いですw 地元の方たちは昼間の暑い時間帯を避けて少し涼しくなった夕方くらいからビーチに行く方が多いみたいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173818j:plain

ミーケビーチ

ビーチサイドには、レストランが並んでるので新鮮なシーフードが楽しめます。たくさん並んでる中から好きなお魚とか貝とかを選んで量り売りで買って、そのお店で調理してもらうスタイルです。エビがめっちゃ美味しかったw

f:id:kankoutaishi_taka:20210422173900j:plain

ダナンのエビちゃん

ビーチサイドにはたくさんのホテルが建ち並んでます。日本のビジネスホテルくらいの料金帯なので手頃にオーシャンビューのお部屋に泊まれちゃいます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422174000j:plain

ホテルからの景色
関連記事はこちら

 

 

バーナーヒル

バーナーヒルズは、ダナンにあるアミューズメントパークなんだけど、中世のフランスをモデルにしたアミューズメントパークです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422174247j:plain

サンワールド バーナーヒル

日本でいうとこのドイツ村みたいな感じに近いと思います。ダナン市街から20キロほど離れた山の上にあってタクシーで40分くらいで行けます。遊園地みたいな乗り物なんかもあるのでワイワイするのにいいと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422174354j:plain

バーナーヒルズはこんな感じ

ジェットコースターとか大好きなんだけど今回は、アミューズメントよりも神の手とも呼ばれてる『ゴールデンブリッジ』に狙いを定めてバーナーヒルズに来ましたw あちこちで撮影会してるくらい人気のフォトスポットになってます。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208155654j:plain

ゴールデンブリッジ

 

関連記事はこちら

 

 

ドラゴンブリッジ

ドラゴンブリッジは2013年にダナン市街を流れるハン川に架かけられて橋で、中央の大きなドラゴンのモニュメントが目を引く橋です。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208170100j:plain

ドラゴンブリッジ

夜になるとライトアップされるので、ドラゴンブリッジだけじゃなくハン川沿いの夜景と一緒に見ると更に素敵です。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208172048j:plain

ドラゴンブリッジの夜景

ドラゴンブリッジは、週末の夜だけ火を噴きます。その時間帯にはたくさんの人が集まってるのですぐに分かると思います。ほんの20分くらいのミニイベントって感じなのであっという間に終わっちゃいます。折角ダナンに行くならぜひ見てほしいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208173115j:plain

ファイヤードラゴン中w

 

ラブブリッジ

ラブブリッジは、ドラゴンブリッジからすぐのとこにあります。ラブブリッジって言われてるけど桟橋ですw デートスポットでもありフォトスポットでもある感じです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210422174949j:plain

ハートのランタンが映える夜景

たくさんの恋人たちが永遠の愛を誓ってかどうかは分かりませんがw ラブブリッジは南京錠をかけるラブロックのポイントにもなってます。別に羨ましくなんてないんだからねww

f:id:kankoutaishi_taka:20210422175044j:plain

ラブロックよりもヒムロック派w
関連記事はこちら

 

 

バインセオ

バインセオは、元々ベトナム南部のお料理らしく、米粉をココナッツミルクで溶いてターメリックで色付けしてエビも一緒に焼いた生地に、もやしと豚肉を炒めたものを挟んだベトナムお好み焼きです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201215152515j:plain

バインセオ

ホーチミンとダナンでは食べ方とつけダレが違ってるのも面白いです。なのでホーチミンでバインセオを食べた事がある人もダナンに行く機会があったらダナンでも食べてほしいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201215154406j:plain

ダナン式の食べ方

僕がバインセオを初めて食べたのはダナンだったんだけど、いきなりハマりましたw その後もたくさんのベトナム料理もホーチミンのバインセオも食べましたけど、ダナンのバインセオが僕が食べた全ベトナム料理の中で一番好きです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201215154239j:plain

ダナンのつけダレ
関連記事はこちら

 

 

コムガー クアイ

コムガーは、味付けとか見た目は違うもののタイでいうとこのカオマンガイと似た感じで、鶏のだしで炊いたご飯とチキンを合わせた料理らしいです。その中でも日本のチキンライスみたいな見た目の『コムガー クアイ』をダナンのコムガー人気店【コムガー ア ハイ】で食べてきました。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208162632j:plain

コムガー クアイ

見た目は日本のチキンライスに近いけど、ケチャップライスじゃないので味は違いますw 食感はしっとりで薄味のご飯に鶏のもも肉がガッツリのってます。チキンは皮がパリッとしてて中は柔らかい感じで美味しいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208163942j:plain

これぞチキンライスって感じ

絞りたてのスイカジュースも美味しかったです。チキンとスイカジュースの組み合わせのせいで色味が完全にクリスマスに見えますけど関係ないですw 店内席も結構多くテラス席もあるのでピーク時以外ならすぐに入れると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20201208163417j:plain

テラス席から
関連記事はこちら

 

 

 

ホイアン

ホイアンは、ベトナム中部にあります。ダナンの隣りの都市でランタンの街として人気の街です。古い街並みがとても綺麗で『ホイアンの古い町並み』としてユネスコ世界文化遺産に登録されてます。夜になってランタンに火が灯ると街の雰囲気もガラッと変わって新たに素敵な景色が見れます。

f:id:kankoutaishi_taka:20201204123544j:plain

ランタンが素敵なホイアン旧市街

観光の中心になる旧市街は、街並み全体的の色合いが統一されていてとても可愛らしくレトロでお洒落な街並みになってます。

f:id:kankoutaishi_taka:20201204124907j:plain

旧市街の街並み

僕が行った時は、10月だったんだけどクリスマスバージョンのランタンを使ったモニュメントもありました。ダナンからタクシーで40分くらいなんで簡単に行けます。

f:id:kankoutaishi_taka:20201204124933j:plain

ランタンのクリスマスツリー
関連記事はこちら

 

 

 

最後に

この時のダナンは二泊だったので、見たいとこ全部を回る時間はなかったんです。それでも十分に満喫できました。ダナンに行くほとんどの観光客はホイアンへ行くと思いますけど、まだまだ見どころがたくさんありそうです。僕はマーブルマウンテンに行けなかったので次回はチャレンジしたいです。ダナンはビーチリゾートだけど海沿いのBARでワイワイする感じじゃなくて、しっとりとした大人旅って感じのとこです。ゆったりした時間を過ごすのにいいと思うのでぜひ行ってみてください。

おすすめ記事はこちら

【カンボジア】プノンペンの見どころを勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、カンボジアの首都プノンペンの見どころについて勝手におすすめしていこうと思います。

 

 

 

 

プノンペンってどんなとこ?

プノンペンカンボジアの首都でフランス統治時代から中心地だったらしいです。福岡県の北九州市姉妹都市になっていて、イオンモールなども含め多くの日本企業も進出しています。首都なだけあって世界遺産アンコールワットがあるシェムリアップよりも中心部はかなり商業都市な感じがします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418105826j:plain

プノンペンの街並み

 

 

プノンペン国際空港

プノンペン国際空港は国内線くらいの大き過ぎない僕の好きなサイズ感ですw

f:id:kankoutaishi_taka:20210418105923j:plain

プノンペン国際空港

たぶん建て替えたり改装したりしたんだと思うけどかなり綺麗な空港です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418110547j:plain

空港内も綺麗です

空港に到着したらデビットカードを使ってATMで現地通貨を引き出して、お次はSIMカードをゲットして通信手段を確保します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418110618j:plain

空港にある旅行者用のSIMショップ

良く聞かれるので、海外で使える便利なSIMフリーに関して記事にまとめてみました。

関連記事はこちら

通信手段を確保したらトゥクトゥクでホテルへ向かいます。空港には個人タクシーの客引きがすごく多いし、料金は交渉になります。何人かに料金を聞いてみたけどGrabタクシーの金額と比べるとかなり高かったです。僕は空港のロータリーにあるトゥクトゥク乗り場からトゥクトゥクでホテルへ向かいました。Grabトゥクトゥクより少しだけ高かったけど空港内からの利用なので空港利用料も含めるとそんなもんだろうって料金だったので利用しました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418111039j:plain

トゥクトゥクからの風景

今回滞在するのは、多くの外国人観光客が滞在するトンレサップ川のリバーサイド。ちなみに空港からはトゥクトゥクで30分ほどで着きます。Grabアプリを入れておくと相場感覚の無い土地でも、およその料金が分かるので東南アジアを旅行するなら入れておくと便利ですよ!

関連記事はこちら

 

 

 

プノンペンの場所

プノンペンはタイのバンコクベトナムホーチミンを直線で結んだ真ん中より少しホーチミン寄りのとこにあります。これイメージできんのかなww

バンコクから直行便なら片道1時間ちょっとで料金もLCCならバンコクプノンペン往復で1万円くらいで行けます。

※コロナの影響で直行便が無い場合、経由等の時間表示なってることがあります。

 

 

プノンペンの雰囲気

正に発展途上って感じで空港からプノンペン市内までの間はビル建設とかが進んでてあちこち建設現場だらけでした。建設現場の看板とかを見た感じだと中国系と韓国系の会社が多いイメージでした。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418111737j:plain

建設ラッシュのプノンペン

交通事情は信号が少ない上に交通量も多いので道路を横断する時や歩道にいてもバイクが走ってきたり、逆走してるトゥクトゥクがいたりするので気をつけましょう!

f:id:kankoutaishi_taka:20210418111816j:plain

信号のない交差点

街中は露店や屋台も多く出てます。日中は暑いからなのか夕方くらいから出店数が更に増えてる気がします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418111906j:plain

パイナップル屋台

リバーサイドにはBARやカフェやレストランが並んでて欧米系のロングステイヤーの方たちがのんびりしてる光景をよく見かけます。僕もリバーサイドがのんびりしてて好きです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418112005j:plain

リバーサイドの風景

 

 

のんびりだけど注意も必要

こんなのんびりできる雰囲気のプノンペンだけど注意も必要。何に注意するのかっていうとスリとかひったくりです!もちろんカンボジアだけに限ったことじゃないと思うけど僕はこのナイトマーケット近くのリバーサイドで夜にお散歩しててスられそうになったんで注意してください!

f:id:kankoutaishi_taka:20210418112057j:plain

日本の国旗も並ぶリバーサイド

プノンペンではスマホを外で出して使うのもあまりおすすめしません。どーしても外で使うならなるべく人目につかないようにしたり両手で包むようにして使ったり、歩道でも車道から離れて通りすがりのバイクにひったくられたりしないように気を使いましょう!

f:id:kankoutaishi_taka:20210418112203j:plain

上から見たリバーサイド

少しでも犯罪者を増やさない為の心遣いだと思うし、自分自身もイヤな想いしなくて済むように、僕は観光客としてのマナーに付け加えてます。 そんなプノンペンですが2回行ってるし大好きな場所なのでまた行くと思いますw

関連記事はこちら

 

 

カンボジアフード

僕は特に辛いって料理に遭遇することもなかったし、レストランや屋台が多く種類も豊富なので食事に困ることもなかったです。タイ料理と中華料理のテイストが混ざったような感じがしました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418112427j:plain

ローチャー(カンボジア風焼きうどん)

少し油っこい感じもあるかも知れないけど僕はそこまで気になりませんでした。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418112500j:plain

ストリートフード

ストリートフードやローカル食堂なら1ドルとか2ドルくらいで食べれちゃいます。

関連記事はこちら

 

 

王宮とシルバーパゴダ

プノンペンには王宮(ロイヤルパレス)があって観光客が国王さまの住む王宮の敷地内を見学することができます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418113143j:plain

プノンペンにある王宮

扉のとこから内部を見学することはできるけど室内は入室禁止で撮影禁止になってます。一部を除いては中に入ったりして見学できます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418102453j:plain

シルバーパゴダ

すぐ隣の敷地にシルバーパゴダもあって王宮とセットで見るような順路になってます。王宮と同じくシルバーパゴダの内部は撮影禁止になってます。でもこっちは入室して内部を見学することはできました。

関連記事はこちら

 

 

ワット・プノン

プノンペンで1番標高が高いお寺といわれていて地元の参拝者が多いお寺です。標高が高いといっても27mなんで階段で普通に上がれます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418113408j:plain

地元の方に人気のワットプノン

プノンペンナイトマーケットから徒歩10分ほどのとこなのでリバーサイド付近からなら簡単に行けます。ワット・プノンは、小さなお寺で短時間で見れるお寺ですけどお寺の中に描かれた絵がめちゃくちゃ素敵なお寺です。

関連記事はこちら

 

  

伝統舞踊のアプサラダンス

アプサラダンスは、カンボジアの伝統舞踊で『天女の舞』といわれてる無形文化遺産です。天女の様な美しいカンボジア女性が独特なダンスをします。特に手の動きが素敵です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418113509j:plain

無形文化遺産のアプサラダンス

シェムリアップだとアプサラダンスを観ることができる施設も多いんだけど、プノンペンで見れる場所は限られててリバーサイド付近だとプノンペン国立博物館でショーを観ることができます。

関連記事はこちら

 

 

独立記念塔

1953年にフランスから独立した時に建てられた記念塔。この形がクメール様式で遺跡なんかでもよく見かける『つくし』みたいな形です。プノンペンラウンドアバウトの真ん中にあって、車が多いから近づくのはちょっと危ないけどプノンペンのシンボル的な建物です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418113639j:plain

プノンペンにある独立記念塔

独立記念塔の場所

独立記念塔は、王宮のあるリバーサイドエリアからはトゥクトゥクで5分くらいの所にあります。

 

 

キリングフィールド

1970年代、ポル・ポト政権だったカンボジアでは内戦が激しく大量虐殺によってたくさんの方が亡くなりました。とても同じ人間が考えたとは思えない有り得ない政策で多くの被害者がでました。負の遺産ともいわれるキリングフィールド。現在は資料館として歴史を伝える地となってます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411102113j:plain

多くの子供達の命を奪ったキリングツリー

日本では考えられない現実に胸が張り裂けそうになりますが、カンボジアをより知る事ができる施設になってます。日本語の音声案内もあるのでとても詳しく説明を聞けます。心が苦しくなるけど行って良かったと思えた場所です。プノンペンを旅するなら、よりカンボジアを知る為に必ず訪れてほしい場所です。

関連記事はこちら

 

 

トゥールスレン虐殺博物館

ここは、キリングフィールドと時同じくポル・ポト政権時代に収容所として利用されていた建物。元々は学校だった建物を収容所として使用していた。この収容所の暗号名は『S21』と呼ばれ僅か2年9ヶ月の間に約2万人もの人たちが収容され、その中で生還したとされているのは8人のみ。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411103829j:plain

S21の中にある拷問部屋

現在、この施設では当時のままの拷問部屋や独房を観ることができます。当時この収容所に収容されていた人たちや看守として働いていた子供達などの写真なども展示されてます。こちらもキリングフィールドと同じく日本語の音声案内があるので詳しい案内を聞くことができます。

関連記事はこちら

 

 

オルセーマーケット

海外旅行でショピングは外せないと思うけどプノンペンで1番有名なのがセントラルマーケットでその次くらいに有名なのがこのオルセーマーケット。お土産品、洋服、宝飾品、日用品、食料品など何でも揃う地元の方も観光客も買い物に集まるマーケットです。オルセーマーケットはローカル寄りなのでセントラルマーケットより少し安いかも知れません。もちろん交渉次第だけどw

f:id:kankoutaishi_taka:20210418114411j:plain

オルセーマーケット
関連記事はこちら

 

 

プノンペンナイトマーケット

プノンペンナイトマーケットはリバーサイドで開催されてます。観光客だけじゃなく地元の方も多く賑わうナイトマーケット。洋服、日用品、食べ物屋台が多い印象です。
食べ物を買ってゴザの上でのんびり食べるのがここのスタイルみたい。ナイトマーケットはその地域の習慣とか流行りが見てとれるのも楽しみの一つです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418114559j:plain

プノンペンナイトマーケット
関連記事はこちら

 

 

最後に

プノンペンは全体的にのんびりできる雰囲気で欧米人のロングステイヤーも多いです。居心地がいい証拠だと思います。やっぱりリバーサイドのカフェやレストランでのんびりってのはおすすめです。ただしこの辺のお店は窓とかなくてオープンエアな感じなので、風がないと暑いですww そんな居心地のいいプノンペンに行ってみてください。

おすすめ記事はこちら

SIMフリーが海外旅行には便利って聞くけどそもそもSIMフリーてなに?

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、時々質問される海外旅行時の通信手段について勝手に解説していこうと思います。

 

 

もちろん日本国内にいる時同様、現地でもスマホiPhoneで普通に調べ物やホテルの予約などをしてます。その際に、海外で利用出来る端末と利用出来ない端末があります。
※設定や利用プランによって利用も可能ですけど国内利用とは料金が異なると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418115200j:plain

海外旅行でもスマホが必須な時代

 

 

 

 

SIMフリーSIMロック

まずSIMフリーSIMロックについて簡単に説明していきます。日本には、格安SIMキャリア以外でメジャーな携帯キャリアとしてドコモ・auソフトバンクがあります。大半の人はこのキャリアでスマホiPhoneを購入して利用してると思います。
今回は、分かりやすくiPhoneの場合で説明しますが、
ドコモ・auソフトバンクで購入したiPhoneSIMロックされてる端末になります。
そしてAppleストアで購入したiPhoneSIMフリー端末になります。

SIMロック

基本的には、購入したキャリア以外のSIMでは使用できない端末

SIMフリー

キャリアの縛りがなく、キャリアを選んでSIMが使用できる端末

ひとまず、これでSIMロック端末とSIMフリー端末の違いは分かったと思います。
最近よく話題になっていて、たくさんの方が利用している格安SIMと言われるSIMカードがあります。UQモバイル楽天モバイルなどたくさんあります。

Appleストアで購入したSIMフリー端末のiPhoneの場合、その格安SIMも利用出来ます。これと同じで海外旅行へ行った際に、現地の旅行者用の格安SIMに交換するだけで現地キャリアの通信帯を利用出来るようになります。
SIMロック端末の場合だと、そのままでは海外旅行先で現地SIMに交換しても使用出来ません。
※現在は、ドコモ・auソフトバンクで購入した端末でも条件や規約があるみたいですが、手続きすればSIMフリーへ設定を変更してもらえます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418115717j:plain

SIMロックSIMフリー

 

 

SIMカードの交換

使用端末によってSIMカードの交換方法は違うので、それぞれの説明書やガイドラインに従って交換してください。ここでは自分で交換する場合の一般的な流れのみ説明します。

SIMカードを取り出す

f:id:kankoutaishi_taka:20210418115850j:plain

SIMカードを取り出す

SIMカードを入れ替える

f:id:kankoutaishi_taka:20210418115917j:plain

SIMカードを入れ替える

以上。めっちゃ簡単ですw ただしSIMカードを利用する上で設定変更などが必要になる場合があります。設定のやり方などについてもそれぞれのSIMカードや端末で違うので必ず確認してください。

 

 

海外旅行で全く繋がらないと

海外旅行で観光のためにあちこち移動すると思います。その際に特に利用することが多いのがGoogleマップみたいな地図アプリだと思います。迷った時に助かるのはもちろんだけど、距離や移動時間を調べたりする場合にも利用しますよね。それ以外にもスマホiPhoneが繋がらないとネット上で調べ物したり、メールを送ったりSNSにUPしたり出来ません。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120108j:plain

繋がらないと不便な事が多い現代

ご飯を食べたりお酒を楽しみながら現地の情報を調べたり野球の試合結果を見たり

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120146j:plain

お酒のツマミに

オシャレなカフェでインスタにポストしたり次に泊まるホテルの予約を確認したり

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120212j:plain

カフェで調べもの

日本のSIMのまま料金などをちゃんと調べないで海外利用するとパケ死とか通話料の高額請求に多分泣きますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120234j:plain

パケ死w

日本国内でも同じですけど、行く場所によってカフェやホテルで必ずしも通信環境の良いWiFiがある訳じゃないですよね。かと言ってひたすらWiFiだけの為に探し回るのも旅行プランの事もあるし大変です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120325j:plain

WiFi難民w

 

 

タイの場合で説明すると

空港で入国審査を終えて預け荷物を受け取って出口へ行くと『Tourist Sim』とか『Trailer Sim 』などSIM CARDって表示のあるショップがいくつも並んでます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120407j:plain

空港にある旅行者用SIMの販売所

ここでSIMカードが購入できます。プランはいくつもあるので、データ通信だけなのか電話も使いたいとかも含めて、現地滞在期間や必要な容量で選べばいいと思います。端末の設定は店員さんがすぐにやってくれるので、画面のロックを解除して操作出来るようにした端末とパスポートを渡せばOK。後は料金を払うだけです。

ただしこの現地SIMには現地の電話番号が割り振られてるので、日本の電話番号には繋がらない状態になります。なので旅行期間中の日本からの連絡は、SNSなどのアプリの無料電話やチャットやメールで連絡してもらうようにするといいと思います。

それと取り出した日本のSIMカードは、もちろん日本に戻ってから再度使うので無くさないように気をつけてください。

f:id:kankoutaishi_taka:20210418120601j:plain

旅行者用SIMの料金表

 

 

ついでに

空港内は旅行者が両替やATMで引出した直後に利用することが多い場所なので、お釣りの準備が出来てます。SIMを買ったらタクシー移動する方も多いと思うので、ここで高額紙幣を使って崩しておくとタクシーの支払い時に困らないと思います。

 

 

最後に

ホテルやカフェではWiFiを優先的に利用して外出した時のみ通常の通信帯で利用していれば一週間ほどの東南アジア旅行なら日本円で1,000円くらいで利用出来るので日本と違ってすごく良心的です。モバイルWiFiを借りて海外旅行に行く方も多いと思いますし、僕自身も利用した経験がありますけど持ち歩く端末が増えるし、それに伴って充電する物も増えます。それにレンタルなので故障や破損紛失などにも気をつける必要があります。海外旅行に行くからって無理に端末を買い替える必要はないですけど海外旅行の予定があるなら早めにショップでSIMフリーに設定変更してもらったり、買い替えのタイミングでSIMフリーを選ぶのもいいと思います。

【カンボジア】プノンペンでキャラが濃すぎるスリにあいましたw

>こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、プノンペンで出会ったスリグループについて勝手に書いていこうと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111255j:plain

プノンペンの夕暮れ

 

プノンペンの治安

あくまで個人的な意見ですけど、プノンペンの治安は特に悪い感じもなく現地の方たちも観光客に慣れていてフレンドリーな方が多く比較的過ごしやすいと思います。ただしホテルのレセプションの方から注意事項として言われたのが、街中に出た時はiPhoneスマホを他人から見える所で使うのは避けた方がいいって言われました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111336j:plain

夜のスマホは特に目立ちます

これはスリやひったくりに狙われない為の対策で僕自身も旅行に出た時は場所によっては、特に気をつけてます。場所によってというのは、例えば夜の薄暗い路地はiPhoneとか使うと画面の光で目立つし、ガードレールが無い道も多いので歩道が狭いとか歩道自体が無い道路を歩く時はひったくりにも注意してます。あとは感覚的なもんなので雰囲気で警戒心を上げ下げしてますw

 

ナイトマーケットで晩ごはん

この日は観光で昼間にかなり動き回ってたので少し疲れてたけど、プノンペンナイトマーケットが滞在してるホテルから歩いて10分ほどのとこなんでナイトマーケット好きな僕は晩ごはんがてら散策にお出かけします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111420j:plain

プノンペンナイトマーケット

ナイトマーケットでちょこちょこ買ってゴザに座って食べます。お腹が満たされたら露店を一通り見るのに歩いてたら暑くなってきたんで、リバーサイドで夜風に当たって少し涼もうかなってことでリバーサイドをのんびり歩いて適当なとこで座って休みます。

プノンペンナイトマーケットについては、別記事で書いてるので興味のある方は見てみてください。

プノンペンナイトマーケットの記事はこちら

kankoutaishi.hatenablog.com

 

 

リバーサイドでのんびり

ナイトマーケット前のリバーサイドにはクルーズ船乗り場があってトンレサップ川のデイクルーズからナイトクルーズまでやってます。下の写真はホテルの上から撮ったやつなんで分かりづらいけど、中央くらいに4艘ほど船が見えてますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111510j:plain

ホテルから見た夜のトンレサップ川

写真を見て分かると思うけど、リバーサイドは整備された遊歩道が続いてます。写真はレタッチして光量を上げてるので、実際にはもう少し薄暗いです。そんなリバーサイドでナイトクルーズ船を眺めながらのんびり涼んでました。

 

エロいワイシャツ姿の女性

クルーズ船をぽけーっと眺めながら何となく明日の予定とか考えてると、背後から女性に声をかけられます。現地に友達とか知り合いも居ないし僕じゃないだろうって思ってたんだけど、周りには他の人が居る訳でもなくどうやら僕に何か話しかけてるみたいです。ちょうどタバコに火をつけたばかりだったんでタバコくれとかかなって思って振り返ると白いワイシャツ姿の女性がいます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111550j:plain

あくまでもイメージですw

そうです。彼シャツって感じでワイシャツだけなんで完全にエロい格好してますw まぁ東南アジアを旅したことがある男性なら経験あると思うけど、時々こんな風にエロい格好した女性から声をかけられることがあります。本来は無視するのが一番いいんだけど、何故か『必要ないよ』って声に出してしまったんです。こーゆー方たちは、反応のあった人に対して詰め寄って畳み込むってタイプの営業方針の方が多いので押しに弱い方は返事しないようにw

 

カンボジアでフランス人?

一言返事をしてしまったばっかりに、2mほど離れていたとこから更に一歩近づいてきます。ただ何て言ってるのか全く分かりませんw タバコくれって感じではなさそうだし格好からして夜の営業だろうと思うんでシカトします。すると僕の左隣に座ってきました。かなり至近距離で怒涛の押し売り営業が始まりましたw 声は確実に聴こえる距離なんだけど未だに言ってることがさっぱり分かりませんwww もちろんクメール語は分からないんだけどアクセントが全然違うしやたらと空気抜けててフランス語っぽいです。

 

えっウソでしょ!? もしかしてフランス人?

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111700j:plain

フランスといえばw

その驚きでスグ隣りという至近距離ではじめてその女性の顔を見ました。そこには、ほとんど歯のないカンボジアのおばちゃんが座ってましたwww 余りの衝撃に気を失いかけたけど、よくよく話を聞いてみるとどうやら英語を話してます。もう空気漏れすぎててマジで聞き取りづらいしフランス語かと思ったわww ハッキリとお断りしてもこのフランソワーズもどきは全く営業方針を変えませんw さっさと自分から立ち去ればいいじゃんって思うでしょうけど、ここには僕が先に座ってたしタバコも火をつけたばかり。携帯灰皿も持ってるけど、歩きタバコはしない主義だしこの時点で僕が移動するのは何だか負けた感じがしてイヤなんですw 負けず嫌いのサムライなんです。分かりますかこの心境ww

新たなる女性2人組が登場

歯なしのフランソワーズもどきを完全に無視しはじめると同時くらいに右側から2人組の女性に声をかけられます。こっちの女性たちは何となくツーリストっぽい感じもあるけど薄暗くてハッキリ見えないんで本当のとこは分かりませんw その2人組の内の1人に何処から来たの?どのくらい滞在するの?とか聞かれてる時にもう1人の女性がタバコくれって言ってますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111915j:plain

知ってます身体に悪いです

知らない人にタバコくれとか日本では基本的にはないと思うけど、旅してるとこんな状況が時々あるんで喫煙所とかでタバコに火をつけた直後に話かけられると『タバコくれって言ってるのかな?』って思うようになりましたw まぁ左隣にいるフランソワーズもどきを無視するのには好都合だと思って、右側にいる2人組と話します。この時はこのままフランソワーズもどきを無視してれば、その内に諦めてどっか行くだろうくらいに考えてました。

 

味わったことのない違和感

フランソワーズもどきを無視し始めてからほんの1~2分だと思うけど、営業方針を変えて僕の左半身を触りはじめましたw こうなるとマジで『ウザっ』てなるけど怒ったりせず手を払い除けて冷静に対処します。そんな中、2人組と少し話が盛り上がり始めた時に今までに味わったことのないタイプの違和感を感じました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210411111957j:plain

こんなに強い違和感ではありませんwww

その違和感っていうのは野生の勘みたいなレベルなんだけど、ベタベタ触ってきてたフランソワーズもどきの触ってくるリズムが変わったというか動きに迷いを感じたというか、言葉にするのは難しいんだけど一言でいうとやっぱり『違和感』ってヤツですねw

 

隠された本性

その違和感を脳裏に感じながらも2人組の話は止まりません。その時、ズボンの左前ポケットに入れていたiPhoneが引っ張られる感覚が…

f:id:kankoutaishi_taka:20210411112044j:plain

これは日本人男子がスられる王道らしい

僕は海外旅行ではスリ対策として、普段使ってる長財布じゃなくて旅行用の折りたたみの財布に必要最低限の物だけ入れてズボンの右前ポケットに入れてiPhoneは左前ポケットでお尻のポケットに大事な物は入れません。人混みに入る時は両手を前ポケットに入れて歩けば貴重品に手で蓋できるし格好つけられるし一石二鳥でしよw そんな普段から気にかけてる僕のiPhoneをフランソワーズもどきはスリにきました。慌てて左手でフランソワーズもどきの腕を掴んで『Don't !!-やめろ!!-』って少しだけ声を荒げました。フランソワーズもどきはスグにiPhoneから手を離してバツの悪そうな顔をしてフリーズしてます。

 

これってもしかして…

それまでめんどくさいくらいに思っただけだったけど、この時は流石にかなりイラつきましたw 僕が突然声を荒げたこともあってかその場は完全に『シーーーン』って感じ。右側にいた2人組も黙り込んでるけど、こっちにも何か『違和感』を感じます。『これってもしかしてグルなんじゃ?』ってことです。話しかけてきたタイミングとかフランソワーズもどきの反対側に気を逸らせるとか完全にチーム戦。更にイラついたんだけど海外での揉め事は絶対めんどうだし外国人の僕にとっては不利だしメリットないと思ってるので、ここは冷静にってことで刀は抜かずにひと呼吸してタバコを消し無言で立ち去りました。立ち去るまで3人は黙り込んでフリーズしたままでしたw

f:id:kankoutaishi_taka:20210411112208j:plain

フリーズ状態w



※刀は心の中の表現なので決してリアルではありませんwww

 

最後に

結果として立ち去ったのは僕なんで負け侍なのかもしれないけど、今回は仕掛けられた罠を見抜いたってことでチャラとしますwww 日本の常識は海外では非常識って言われたりするけど本当にそう思うことが度々あります。一部の人にとっては生きて行く為の手段として悪いことをする人もいます。ここではiPhoneを盗んで売れば数ヶ月~1年とか生活できるようになるのもまた現実なんです。悪いことをする人が一番悪いと思いますが、近づかせた僕に落ち度があったのは間違いないです。犯罪者を増やさない為にも悪いことをさせる隙を与えない、未然に防ぐってことがすごく重要だと思いました。でも少しくらい隙がある方が魅力的に感じるのは僕だけじゃないと思うw 隙があると狙いたくなるってのは人の心理だと思いますwww これからはその辺も気をつけて旅をしたいと思います。ちなみに僕はiPhoneにシリコンケースを使ってます。シリコンケースはすべり止めに役立つんだけど、ポケットに入れるとすべりが悪いのでスリ対策にもなってます。東南アジアのマーケットなら300円くらいで買えるのでおすすめです。

プノンペンの見どころをまとめた記事はこちら

kankoutaishi.hatenablog.com

 

GrabタクシーがGoogleマップとの連携ですごい使いやすくなった

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、タイやベトナム旅行でタクシーを使う時にめっちゃ便利なアプリ『Grab』を勝手に紹介していこうと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228180016j:plain

Grab

 

 

 

Grabってなに?

Grabは、簡単にいうとタクシーの配車アプリです。日本でもタクシー配車アプリはあるけど使った感覚では、Grabの方がかなり優秀です。もちろんタクシーの台数とかタクシー料金も含めて利用頻度なんかも関係してると思います。

現在はUVERの東南アジア事業を引き継いだ関係があるのか分かんないけど、Grabフードも充実してるから出前頼むのも楽ちんです。

2020年12月の時点でGrabタクシーは、タイ・ベトナムカンボジアミャンマーシンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア、東南アジアの8カ国で使えるから旅行予定がある人はアプリを入れておくと旅行の時に便利だと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228180253j:plain

Grab使用可能国

 

 

どの辺が便利なの?

日本で使えるタクシー配車アプリと同じで乗車場所と降車場所をマップで事前指定してタクシーを呼んで移動できます。アプリでタクシーを呼べるだけでも便利なんだけど、タクシー料金の交渉が時々ある東南アジア旅行で使うことで、乗る時の料金交渉の手間が無くなるし高めの料金設定をされたりする事もなくなります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228180549j:plain

およその料金も分かる

ただタクシーを呼ぶだけならその辺でタクシー捕まえた方がもちろん時間的には早いけど、現地の言葉が分からないとか観光用の英語が伝わらない時でもアプリならマップで指定するだけなので大丈夫です。

場所を指定するとおよその料金も表示されるし、もちろん乗車時間や移動距離で料金は変わるけどGrabで算出される料金です。依頼を受けたドライバーさんも目的地やおよその料金を承諾した上で迎えに来るので安心です。

 

 

Googleマップが連動して更に便利

前はGrabアプリ上で乗車位置と降車位置を設定しないと行けなかったんだけど、僕は普段からGoogleマップ依存性なんでGrabアプリ内のマップだと時々場所が分かりづらかったりしますw 現地の言語で住所を調べたりする時に、その都度GoogleマップからGrabにコピペして検索するのが手間だなって感じてたんです。

それが今では、Googleマップ内で目的地を設定したとこでGoogleマップからGrabアプリに切り替えることが出来るようになってます。

これはGrabだけじゃなくて日本で使われてる『Japan Taxi』とかのタクシー配車アプリなんかも同じ使い方なので、日本国内で使ったことがある人はスグに分かると思います。詳しくは後ほど説明します。

 

 

まずアプリを使うために

まずGrabアプリをダウンロードします。

Grabアプリのダウンロードはこちら
Grab: Food, Grocery, Ride, Pay
Grab: Food, Grocery, Ride, Pay
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 使う前には、必ず認証することになるんだけどその際に電話番号が必要になります。入力した電話番号にSMSで認証コードが送られてきて認証するようになります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228181035j:plain

Grabアプリ

現地で認証する場合は、その時に現地で使うSIMの電話番号で認証します。タイのSIMを使う場合は、国際番号+66です。日本のSIMを使ってモバイルWiFiで旅行する方は日本の電話番号のままなので、国際番号+81です。その後ろに090~をハイフン(-)なしで入力していきます。この時に注意が必要なのが国際番号を使う際は、電話番号の最初の0は入力しません。なので本来は090だけど、9から入力します。他の国の番号の時も同じく最初の0を除いて二番目の数字から入力します。

【例】
国際番号【日本+81 】90 〇〇〇〇 〇〇〇〇
国際番号 【タイ+66】96 〇〇〇 〇〇〇〇
※国際番号は選択するだけなので数字は覚えなくても大丈夫です。

 ちなみにごく稀に待ち合わせ場所の確認とか『どこだ〜見つからないぞ〜』ってタクシードライバーさんからメッセージじゃなくて電話がかかってくることがありますw

言葉が伝わらず困った時は、待ってる場所の目印になる写真を撮ってGrabアプリ内のメッセージから写真を送ってあげると分かりやすいと思うし、メッセージ送ればコピペして翻訳することもできるのでその方が間違いも減ると思うし慌てなくても大丈夫です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228181336j:plain

個人プロフィールページ

 

 

認証を済ませたら

支払い方法も設定できます。ニコニコ現金払いならそのまんまでもいいけど、クレジットカードを登録しておくとタクシーを降りる時に現金でのやり取りがなくなるので、目的地に到着したら感謝を伝えて降りるだけです。

初めての国でまだ現地の物価や相場が分かってない時とか高額紙幣しか手元にない時とかめっちゃ助かるし、ただ単に楽ちんです。Paymentからカード情報の登録等ができます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228181640j:plain

カード情報登録ページ

 

 

便利な使い方

Grabアプリ内のマップから場所の指定も出来るんだけど、普段使い慣れてるGoogleマップからの方が断然便利です。

何年か前まではなかった機能なんですけど、いつからか分からないけど気づいたら普通に使ってましたw

先ずGoogleマップ上で普段の使い方と同じく現在地と目的地をセットします。
例えば

今、バンコクのカオサンロードにいて次はワット・ポーに行くつもりでマップを設定します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228182032j:plain

カオサンロードからワット・ポー

徒歩で約25分2キロの道のり。普段ならそれくらい何ともないけど、今日は灼熱で現在の気温は36℃。やっぱタクシーで行こうかwww
って感じになるとします。そんな時にGoogleマップで車・電車・徒歩のタブの右にある手を挙げてる人がいます。このタクシー呼んでる人に切り替えます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228182700j:plain

手を挙げてる人に切り替え

手を挙げてる人に切り替えると、画面下部にGrabの案内が出てきます。タクシーの種類と料金の目安とタクシー到着までの待ち時間の目安、選択されてる種類の近隣のタクシーの現在地が表示されます。

GrabBike:バイクタクシー
GrabTaxi:Grab契約タクシー(タクシー会社の車両)
GrabCar:Grab提携個人タクシー(個人タクシーの車両)

こんな感じで種類別に表示されます。
種類を選んで『アプリを開く』をタップするとGrabアプリが起動します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183020j:plain

Grab起動

その後さっき選んだ種類でGrabアプリ内に移動経路マップが再表示されます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183226j:plain

GrabTaxiを選んだ場合

改めて料金目安も更新されるのでその辺もチェックします。他の種類も見たい時や変更したい時は『View ALL』をタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183344j:plain

View ALL

View ALLをタップすると種類一覧とタクシーが来るまでの時間の目安が見れます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183429j:plain

種類別一覧

種類を再度選択します。GPSの関係でズレがある時もあるので、もし乗る場所や降りる場所を変更したい時は、それぞれの指定場所の名前や住所の表示になってるとこをタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183523j:plain

変更したい指定場所をタップ

名前や住所が分かる時は、それぞれのところに入力しますが、マップ上でピンの位置をズラしたい時は右上のマップを折りたたんだみたいなマークをタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183612j:plain

マップ上で選びたい場合

マップマークをタップすると現在指定してる場所にズームアップされたマップが表示されます。

この時に緑の〇がある時は、タクシーの待ち合わせ場所として指定される場所です。一方通行や歩行者天国で車が入れない場所を考慮したミーティングポイントに指定されます。

普通のマップと同じく縮小拡大ができるので見やすいサイズに拡大して指定するとズレも少ないです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183709j:plain

ミーティングポイント変更時の表示

自分の現在地に近い方、もしくは便利な場所のミーティングポイントを選択します。緑のがない場所では、指定したい場所にミーティングポイントのピンを移動します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183826j:plain

ミーティングポイント変更

変更したら下の『CONFIRM』をタップします。ミーティングポイントが変更されて新たなルートで表示されます。この時に料金も変更になる場合があるのでチェックしてください。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228183933j:plain

変更後の表示

画面の左下に支払い方法が表示されてるのでキャッシュ払いかカード払いなのかもチェックします。もしCash→カード払いに変更する場合は『Cash』をタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228184052j:plain

支払い方法の変更

カードが登録されてる場合は、カード情報も表示されるのでタップして右にあるレ点がカードの方についたのを確認します。もし登録してなくてカード払いにしたい時は『ADD Payment Methods』をタップして情報を入力します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228184142j:plain

支払い方法選択画面

支払い方法の選択が済んだら『Book GrabTaxi』をタップしてタクシー依頼します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228184228j:plain

タクシー依頼

その後ドライバーさんが依頼を引き受けてくれると、車の車種やナンバーとドライバーさんの写真付きの情報が表示されます。タクシーの現在地とおよその到着時間がマップ上に表示されるのでわかりやすいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228184351j:plain

Grab公式HPより引用

マップ上でタクシーが近付いたら、それらしき車を探します。もちろんタクシーのドライバーさんも探してくれてますが、人通りの多い場所やミーティングポイントになってる場所だとたくさんの利用者がいて見つけにくい事もあります。

タクシーを探していると客引きをしているタクシードライバーさんが声をかけてくる事もあるので勘違いしないで、必ず車のナンバーで確認してから乗りましょう。

タクシーに乗り込んだらドライバーさんとGrabの画面をお互いに見せて名前や目的地など間違いないか確認して問題がなければOKです。

 

 

目的地に到着したら

現金払いの場合は、アプリ画面に表示された料金を支払います。カード払いにしてる場合は、そのまま降車するだけなのでドライバーさんに感謝を伝えて降りましょう。

その後、UberEatsと同じでアプリ上でドライバーさんの評価とチップの選択画面が表示されるので評価やチップを選択して終了になります。

 

 

タクシー利用時の注意点

日本と交通ルールやマナーも違う海外なのでいくつか気をつけなければならないポイントがあります。

①タクシーのドアは自動じゃないので、自分で開け閉めする。


②日本では左後方のドアから乗ります。日本と同じ左側走行のタイは、同じく左から乗り込むのが一般的で安全ですが、右側走行の国では右側から乗り込むのが一般的で安全です。

ミャンマーヤンゴンでは日本の中古車が多く右ハンドルの車がほとんどでしたが、右側走行なので違和感ありますけど右から乗る方が安全だと思います。


③ドアの開け閉めの際は、必ず周りの確認をして安全に注意する。特に降車時は、後方を確認して後続のバイクや車と接触したりしないように気をつける。

※確認しないで勢いよくドアを開けるとすり抜けバイクなどとぶつかったりする事故の元になります。この場合タクシードライバーさんに責任はなく、もちろんドアを開けた人の責任になると思います。


④現金払いの時に高額紙幣での支払いは避ける。これはお釣りがないとかで断られるケースが多く、到着時や移動途中にコンビニ等で買い物をして崩したりする必要がでてくるためです。


⑤タクシーの後部座席だとしてもシートベルトをしましょう。もちろん安全のためですが、日本国内とは違うのでちょっとした怪我なども含め旅行中に起こると保険など諸々の手続き等に時間を取られてしまうことになります。怪我や病気に気をつけながら旅行することはとても重要です。

 

⑥忘れ物には十分に気を付けましょう。ドライバーさんに無事行き先が伝わったって事などから安心感が出て気が緩みがちになります。スマホを出して見たりする余裕もあると思います。そんな時にポケットから何か落としたりスマホを車内に忘れたり、トランクに入れた荷物を出し忘れたりしないようにタクシーを降りる前に持ち物の確認をしてからおりましょう!日本と違い言葉の壁のある海外では落し物をしても連絡して内容を理解してもらうだけでも大変です。見つかる事も少ないと思います。

 

 

利用履歴を確認したい時は

Grabアプリを起動させて、ボトムメニューから『Activity』をタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185119j:plain

ボトムメニューのActivity

次に右上の青くなってる『History』をタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185224j:plain

右上のHistoryをタップ

Historyをタップすると、利用履歴が表示されるので詳細がチェックしたい場合は対象の項目をタップします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185320j:plain

チェックしたい項目をタップ

タップした項目の詳細が表示されます。後々で料金の確認ができるし、乗降場所・時間・距離なんかも確認できます。アリバイの証明したい人も使えますねw

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185432j:plain

利用履歴

 

 

ちなみに

Grabは、GrabタクシーとGrabバイクが主流でそれ以外にもGrab Carって表示されてる提携個人タクシーとか提携VIPタクシーみたいのもあります。一般的に旅行者が利用するのがGrabタクシーとGrab CarとGrabバイクだと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185635j:plain

ベトナムのGrabバイク

カンボジアは、車とバイクとトゥクトゥクから選べます。タイとミャンマーでも一部Grabでトゥクトゥクを配車できるみたいです。

カンボジアでは『PassApp』って配車アプリとGrabの二つが主流で、どちらでもトゥクトゥクが呼べます。僕がカンボジアに行くと個人的に利用率が一番高いのがこのGrabトゥクトゥクです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210228185740j:plain

カンボジアのGrabトゥクトゥク

 

 

最後に

限られた期間で旅行をする時に移動手段に迷う場面は多々あると思います。東南アジアでは、日中は暑かったりタクシー料金が安いこともあって利用する機会が増えます。そんな時に便利に使うと時間のロスも減るしGrabなら交渉が苦手な人もすんなり移動できると思います。ただし場所によっては、渋滞が酷い関係で時間はかかるし結果的に料金も上がってしまう事があるのでGoogleマップの渋滞情報も見つつ、利用する場所や時間帯で使い分けると更に便利だと思います。

【タイ】きっと見つかるチェンマイのお気に入り寺院

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、たくさんあるお寺の中でチェンマイにあるお気に入りの寺院を勝手に紹介していきます。

タイ国内には、お寺がたくさんあってコンビニよか多いらしいです。数字の信ぴょう性は分からないけど40,000寺以上あるみたい。タイは1都76県なんで、単純に1県あたり500寺以上ある計算になります。あんまり意味のない単純計算だけどめっちゃ多いです。

 

ワット・ウモーン

ワット・ウモーンは旧市街から車で15分くらいでチェンマイ空港の山側にあります。1297年創建の由緒ある寺院で4つのトンネルが掘られていてトンネルの中には仏像もあってお坊さんが瞑想修行する為に造られた寺院だそうです。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128162723j:plain

トンネルの上に建つ仏塔

トンネル内は土足厳禁なんで入口前で靴を脱いで入ります。トンネルの中は少しひんやり涼しいです。実際にはかなり暗いので足元に注意しましょう。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128162858j:plain

トンネル内にはいくつかの仏像があります

ワット・ウモーンの営業時間と拝観料

【営業時間】
5:00~20:00 無休
【拝観料】
20バーツ
※営業時間や拝観料は変更になる可能性があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128163015j:plain

壁にも小さな仏像が置かれてます

ワット・ウモーンの場所

ワット・ウモーンは、旧市街から西へ車で20分ほどのとこにあります。

 

ワット・パーラート

ワット・パーラートは旧市街からワット プラタート・ドーイステープに行く山道の途中なので通り過ぎてしまう感じで秘境感のある森の中に密かにあります。とても静かな場所で風が竹藪を抜ける音がよく聴こえます。めっちゃローカル感のあるお寺です。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128164543j:plain

風の音がよく聞こえる竹藪

敷地内のあちこちに御堂や仏像があって予想よりも広く感じました。階段の下からまわるところがあったりして意外と歩きました。雨季なら龍の階段の近くに滝が流れてるそうです。この時は干上がってましたけどw

f:id:kankoutaishi_taka:20201128164444j:plain

雨季なら写真切れてる左側に滝があるらしい

ワット・パーラートの営業時間と拝観料

【営業時間】
6:00~18:00 無休
【拝観料】
無料
※営業時間や拝観料は変更になる可能性があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128163755j:plain

サイズは小さいけど存在感のある仏塔

ワット・パーラートの場所

ワット・パーラートは、ドイステープに行く途中にあります。1004号線沿いにも『Phra Maha Chakkraphat』ってお寺があるので少し分かりづらいんですけど、そのお寺横の細い道路を下った行き止まりにあります。

 

ワット・バーンデン

ワット・バーンデンはめっちゃたくさん御堂や仏塔が並んでます。ちょっとしたお寺の住宅街みたいになってますw 有名な一人のお坊さんが建てたみたいで、今も新しいお寺を建ててる最中でした。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128171100j:plain

ひとつひとつが立派なんです

たくさん立派なお寺が並んでるのに無料ってだけでもヤバいです。丁度、大仏さまを組み立ててる最中で貴重な光景を見ることができました。パーツ毎に組んでる感じでした。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128171134j:plain

新たに造ってる途中の大仏さま

ワット・バーンデンの営業時間と拝観料

【営業時間】
7:00~18:00 無休
【拝観料】
無料
※営業時間や拝観料は変更になる可能性があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128171249j:plain

柱とかの飾りにも注目してほしい

ワット・バーンデンの場所

ワット・バーンデンは、旧市街から北に来るまで1時間半ほど行ったメーテーンにあります。

別の記事に書いてる茶畑カフェと同じメーテーンです。ちなみにワット・バーンデンから茶畑カフェまでは、車で1時間くらいです。

茶畑カフェに行った時の記事はこちら

kankoutaishi.hatenablog.com

 

 ワット・プラタート ドーイステープ

チェンマイに行ったらほとんどの観光客が訪れてるワット・プラタート ドーイステープはチェンマイ市街が一望できる標高1080mのステープ山の山頂にあります。旧市街からでも車で30分ほどで行くことができます。f:id:kankoutaishi_taka:20210322033409j:image

たくさんの参拝者が訪れるドイステープ

1383年にクーナ王によって建てられた仏塔は高さ22mもあるらしく、その仏塔の中には仏陀の遺骨が納められてるそうです。どこの装飾を見ても見事でドイスープはどこもかしこも金ピカですw

f:id:kankoutaishi_taka:20201128172405j:plain

どこもかしこも金ピカ

ワット・プラタート ドーイステープの営業時間と拝観料

【営業時間】
5:00~21:00 無休
【拝観料】
30バーツ (ケーブルカー込みだと50バーツ)
※営業時間や拝観料は変更になる可能性があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128172548j:plain

ドイステープの扉はカッコいい

ワット・プラタート ドーイステープの場所

ドイステープは、旧市街から車で40分ほどのとこにあります。ソンテウやタクシーでも簡単に行けます。

 

ワット・シースパン

ワット・シースパンは、別名シルバーテンプルといわれる世界で初めて銀で造られた寺院だそうです。残念ながら本堂内は女人禁制で女性が入ることはできませんが外観を見るだけでも十分に価値のあるお寺です。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128172938j:plain

別名シルバーテンプル

敷地内には銀で造られたガネーシャもあって銀細工のレベルの高さがよく分かります。とにかく全てが芸術品で細部までこだわりが感じられます。本堂内は更に圧巻であまりのカッコ良さに心を奪われます。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128173013j:plain

ガネーシャもシルバー

ワット・シースパンの営業時間と拝観料

【営業時間】
6:00~18:00 無休
【拝観料】
50バーツ
※営業時間や拝観料は変更になる可能性があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20201128173122j:plain

入れない女性の為に、本堂内はこんな感じです

ワット・シースパンの場所

ワット・シースパンは、旧市街から近いので滞在場所によっては歩いても行けると思います。サタデーナイトマーケットの開催されるウアライ ウォーキングストリートから少し入ったとこになります。

 

お寺は参拝するだけじゃなく修行の場でもある⚠︎

お寺の敷地内だけじゃなく周辺を含めタイにはたくさんのお坊さんがいらっしゃいます。お寺は神聖な場所でありそれと同時に修行の場でもあるので参拝者以外にお坊さんもたくさんいらっしゃいます。体育座りなどをして仏塔や仏像、お坊さん対して足先を向けるのは失礼になるので注意しましょう。

f:id:kankoutaishi_taka:20201025123322j:plain

寺院周辺のお坊さん

 参拝する時は服装にも注意

参拝する時の服装についての注意は、ガイドブックやら色んな人のブログにも散々書かれてることなんだけど、それでもやっぱり事前にあまり調べない人には届かない情報なので現地に着いて入れないなんてことも多々あるようです。暑い国なんで薄着になることの方が多いから尚更なんだけど、ここはビーチやショッピングモールじゃなくてお寺だということを意識しておきましょう!

f:id:kankoutaishi_taka:20201025123420j:plain

よくある服装についての注意看板

袖のない服や短パンとかの肌が多く露出する服装はNGです。お坊さんたちが、煩悩捨てるとか精神的にも厳しい修行をしてるところに、暑いからって薄着の服装の女性が来たら。。。たとえあなたが女性だったとしても想像くらいできると思います。なのでお寺に行くときは露出を控えめにするか、ストール的な何かを持って行くといいと思います。歩き回るのには暑いから羽織物が便利だと思います。

女性の方は、不用意にお坊さんに近づいたり触れたりして修行の全てを台無しにすることのないように注意しましょう!

現地の方にとっては日常

僕も含め観光客にとっては非日常だし旅行なので、ハメを外したり楽しむことに夢中になって周りが見えなくなることもあると思います。でも地元の参拝者の方やお坊さん方にとっては、日頃から訪れてる場所であり日常なんです。その日常にお邪魔させてもらってることを忘れないでほしいです。
楽しんでる写真を撮りたいとか可愛い写真を撮りたいとかあると思うけど、自分たちだけが楽しめればいいって発想で旅をするのはカッコよくないと思います。日本人らしく他人に迷惑をかけず、お邪魔させてもらってることに感謝してルールを守って楽しみましょう!

 

最後に

チェンマイには旧市街周辺だけでも素敵な寺院が多いですが、交通手段を確保できれば更にたくさんの寺院を見てまわれます。ソンテウをチャーターしたりバイクや車をレンタルして行くのもいいと思います。もちろん日本とは交通ルールが違うとこがあるので気を付けてください。
最近はチェンマイもタクシーが増えたので、行き先の説明をしたり運転が苦手な方はGrabタクシーを使うのもいいと思います。チェンマイは見どころが豊富なのでまとめて見てまわるようにプランを組むのもいいと思います。