勝手に観光大使

勝手に観光大使w

旅先で訪れた素敵な場所をお気に入りの写真と共に勝手に紹介しますw

カンチャナブリーにあるエラワンの滝で身の危険を感じてオワタと思ったら勘違いでしたw
チェンマイでゾウさんと一緒に水かけっこして遊んできたよ
ホーチミンからメコンデルタツアーに行ったら内容濃すぎてもはやアクティビティw
チェンマイで世界最高レベルの夜空を見て体感して泣きそうになってきました

【タイ】チェンマイでお気に入りのごはん屋さんを勝手におすすめ!

こんにちはキャリーバッカーのTak@です。今回は、チェンマイ滞在中に出会った美味しくてお気に入りのごはん屋さんを勝手に紹介していこうと思います。

 

 

 

 

程よい街のサイズ感とごはん屋さん

チェンマイは、程よい街のサイズ感で何となく『今日はあの辺りでごはん食べよう』って決めて出かけてその一つの密集エリアで選ぶってスタイルでごはん屋さんを探してました。特に夜はナイトマーケットや屋台街など多くの人がごはんを食べるエリアが、ある程度限定されてるんです。もちろん単独型のレストランや食堂もたくさんありますけど、何食べるか決まってないって時に、今日はとりあえずあの辺りのエリアで探そってなります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181454j:plain

ナイトフードマーケット

バンコクだと見ながら探そうってなると、お店の数が多すぎてキリがないですからねw チェンマイに少し長めの滞在してて何食べるか迷った時は、この記事のごはん屋さんに行ってみてください。短期滞在だと食べれる食事の回数も限られてるのでなるべくメニューを絞って、後でアレ食べておけば良かったってことが無いようにしたいですね。そんな方には、チェンマイの北部料理もおすすめします。

関連記事はこちら

 

 

 

パッド ママー

この屋台は、チェンマイゲートのナイトフードマーケットにある屋台で、なに食べても美味しいです。屋台の名前は分からないけど下の写真の屋台です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181727j:plain

こんな屋台です

値段もほとんどが40~50バーツでかなり良心的です。このお店のメニューは下の写真みたいな感じで裏面にもメニューがあって種類も豊富です。人気の屋台なのとレストランとかの厨房とは違いガスコンロが2台だけなんで時間帯によっては料理がくるまでそこそこ待ちますけどのんびり待ちましょう。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181800j:plain

メニュー

この屋台で特に好きなのが、英語名だとフライドヌードル。タイ風焼きそばは、タイでは定番の『ママー』ってインスタントのちぢれ麺を使った焼きそばです。タイって味付けが美味しいんだよね!炒めてタイ風の味付けにしたら雑草すら美味くなりそうwww

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181904j:plain

安定の味でいつでも美味しい焼きそば

ムートッド クラティーアン

これは同じ屋台でもう1つのお気に入りで、これはもう間違いなく日本男児は好きなヤツだと思うw 英語名だとガーリックポークソテーwithライス。すごくシンプルなガーリックポークソテーなんだけど、ご飯ススんじゃうし少し甘めの味付けが本当に美味しいです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503181949j:plain

ガーリックポークソテーwithライス

この屋台の場所

チェンマゲートはお堀の南側の門で、ターペー門からだと歩いて15分くらいです。トゥクトゥクソンテウなら2分くらいで着きます。

屋台がたくさん並んでるんですけど、営業してる時はいつも同じ場所で営業してるので詳しい場所は下のマップを参考にしてください。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503182044j:plain

更に詳しく

バミーへーン

この麺料理のお店もチェンマイゲートのナイトフードマーケットにあります。コチラも屋台の名前分かんないけど黄色い看板が目印のクィッティアオ屋さんです。『クィッティアオ』はタイ風ラーメンのことでタイなら何処でも食べれる国民食です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183241j:plain

黄色い看板が目印

このナイトフードマーケットの真ん中に横断歩道があるんだけど、横断歩道のすぐ左にあるので地図とこの写真を元に行けばすぐ分かると思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183311j:plain

ナイトフードマーケットにある横断歩道

タイでは、中華麺(たまご麺)のことをバミーっていうんだけどタイ風ラーメンの中では個人的にこのバミーが一番好きです。タイの麺料理屋さんでは麺の種類が選べるお店が多いから他の麺も食べてみてください。下に載せた写真はバミーヘーン(汁なし)でこのお店で一番の僕のおすすめメニューです。普段はバミーナーム(汁あり)を食べることが多いんだけど、猫舌だし暑い屋外で食べる時は汁なしをチョイスしたりします。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183346j:plain

バミーヘーン

汁なしは混ぜそばみたいな感じで美味しいです。どこのお店でもスープがセットで出てきます。汁なしを初めて注文した時はスープが別にきたんで、つけ麺みたいに食べるのかな?ってちょっと混乱しましたw たぶん日本人にしか無い混乱だと思うけどwww スープはスープで飲めばOKですw
この屋台の汁ありは、普通に美味しくて汁なしは、マジで美味しいです。タレの味付けがめっちゃ僕の好みです。ちなみに下の写真が同じ屋台の汁ありのバージョンです。汁ありのおすすめクィッティアオ屋さんは後ほど別に紹介します。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183458j:plain

バミーナーム

この屋台の場所

先に紹介した屋台と道路を挟んだ反対側に出店してます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503183629j:plain

詳しい場所

ちなみにこのチェンマイゲートのナイトフードマーケットにはカオソーイのお気に入りの屋台もあるんですけど、『カオソーイ』はタイの北部料理なので、この記事の冒頭にリンク貼ってますけどそちらの記事で紹介してます。

チェンマゲート ナイトフードマーケットの営業時間

【営業時間】

17:00~23:00

※屋台によって営業時間や店休日が異なります。これはあくまでも目安になります。

 

 

カオカームー チャンプアック

カオカームーは、豚足をトロトロほろほろに煮込んだ料理でご飯にもたっぷり煮込んだ汁をかけてくれます。タイの高菜みたいなお漬物とお店によってですが、ゆで卵か煮玉子が付いてます。ほろほろの豚肉とコラーゲンたっぷりって感じのトロトロのゼラチン質のとこを手際よく刻んでくれます。日本だと角煮丼のイメージに近いと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184205j:plain

トロトロほろほろなカオカームー

カオカームーはタイならどの地域でも食べれる料理だけどこのお店は、友達に教えてもらった屋台で、チェンマイではちょっと有名らしくカーボーイハットがトレードマークのおばちゃんが店主のお店です。『ข้าวขาหมู ช้างเผือก-カオカームー チャンプアック-』ってマップには載ってるけど、コレって料理名と地域名なのでお店の名前かどうかは分かりませんw 看板に店主の写真があるのでスグに分かると思います。テイクアウトの人が多いけど屋台の裏にテーブル席があるのでここでも食べれます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184313j:plain

カーボーイハットがトレードマーク

味も美味しくていつも屋台には人が並んでます。ちなみに最初の皿盛りの写真は屋台の方じゃなくて、2号店としてオープンした店舗の方で食べた時のです。ここの屋台に行く時は、いつもテイクアウトするので、どうせ写真撮るなら弁当箱よか皿盛りの方がいいもんねw 屋台があるのはナイトマーケットなんで夕方からのオープンだけど店舗の方だと朝から夕方までの営業みたいです。
本当に美味しくてつゆだくのカオカームーは僕にとっては飲みもの感覚ですwww

この屋台の場所と営業時間

この屋台はチャンプアックゲート近くのチャンプアックナイトマーケットにあってチェンマイゲートのナイトフードマーケットと反対側のお堀沿いにあります。ターペー門から歩いて20分くらい。トゥクトゥクソンテウなら3分くらいです。

【営業時間】

17:00~0:00 無休

※営業時間や店休日は変更になる事があるので事前に確認してください。

店舗の方は下の写真みたいな感じです。屋台からは徒歩15分くらい、ターペー門から徒歩10分くらいのお堀沿いにあります。屋台はお堀の外回りで店舗はお堀の内回りにあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184737j:plain

店舗の看板も分かりやすいw

店内はエアコンも効いてて涼しいので、昼間の暑い時間帯にカオカームー食べるならここがいいと思います。外は暑いからねw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503184806j:plain

店内の様子

店舗の場所と営業時間

【営業時間】

08:00~17:00 無休

※営業時間や店休日は変更になる事があるので事前に確認してください。

お堀沿いは、川を挟んで外回りと内回りで一方通行になってます。この辺の道路は一方通行が多いのと、観光客が多い時期は頻繁に検問があります。運転する時は必ず国際免許証を携行して一方通行などにも十分に気をつけてください。

 

 

テンヌンのとり天ガパオライス

このお店は『Teng Nueng-テンヌン-』って名前のお店で旧市街にあります。ワット・プラシンから歩いて5分くらいです。ここは木々に埋もれた感じの外観で店内には小さい池みたいのもあってオシャレ感のあるオープンエアで森の中のお庭みたいなお店です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185237j:plain

緑が豊富なお店

オープンエアなおかげで日中は屋根はあるけど暑いですw なので僕はいつも行く時は、夕方の少し涼しくなり始めたディナータイム前を狙って行ってました。人気店なのでディナータイムは混みます。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185259j:plain

夕方のひととき

お店の前の道を行き交う車やバイクをぼーっと見ながらお料理がくるのを待ちます。テンヌンにはテラス席と店内席があります。僕はいつもテラス席を選んでましたけど店内席の方が雰囲気は素敵だと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185353j:plain

雰囲気のある店内席側

テンヌンは、何食べても美味しかったけどやっぱりイチオシはとり天ガパオ!

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185416j:plain

とり天ガパオライス

ここでしか見たことないスタイルで、とりの天ぷらに素揚げされてパリパリになったバジルが乗ってます。小鉢にはバジルなしでちょっと辛めのガパオが入ってます。とり天と揚げたバジルには味はついてないのでガパオと一緒に食べると最高です。実際には天ぷらよりフリッターに近いかも。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503185520j:plain

目玉焼きなしは40バーツ

目玉焼き乗せても50バーツって、このクオリティなのに安めの設定だと思います。

テンヌンの場所と営業時間

【営業時間】

11:00~20:30 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

ポン食堂のガパオライス

ここは『ป.ปอง-ポン-』って看板に書いてあるので、たぶん【ポン食堂】って感じだと思いますw ナイトバザールから徒歩なら15分くらい、トゥクトゥクなら2分くらいで行けます。ナイトバザールのある同じチャンクランロード沿いなので真っ直ぐ行くだけです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191219j:plain

ナイトバザールから真っ直ぐ行くだけ

ロックダウンで店内で飲食が出来なかった時もよくテイクアウトでお世話になった食堂です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191241j:plain

テイクアウト用のカウンターもある

ここのお母さんにガパオ注文すると、いつも『目玉焼きも付けるでしょ?』って優しい笑顔で聞かれますw もちろんいつも目玉焼きもお願いしますww 写真はロックダウン前に店内で食べた時の写真です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191320j:plain

ボリュームあるガパオライスポーク

ここのお店は、他よりもボリュームがあってお腹いっぱいになります。ごはんも多めな気がするけど特にひき肉が多めなので、ひき肉の配分を気にせず最後までリッチな気分で食べきれますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191351j:plain

入口の壁に貼られた大きなメニュー

僕が注文するガパオライスにいつも赤い色味が足りないのは、僕が辛いのダメなんで唐辛子抜きにしてもらってるからですw そこは察してwww ガパオライスは40バーツで目玉焼きつけて50バーツでした。しっかりとしたガパオの味付けで他とは少し風味が違うけど僕好みで美味しいお店です。

ポン食堂の場所と営業時間

 【営業時間】
10:00~20:00 日曜休み
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

カオマンガイ ウアンオーチャー 2号店

このお店は、『カオマンガイ ウアンオーチャー2号店』って名前でチェンマイのナイトバザール界隈ではカオマンガイの名店として人気だそうです。ピーク時にはたくさんのお客さんで賑わってました。夕方には閉まってしまうのからなのか、僕の記憶では朝ごはんの時間帯にかなりお客さんが多かったと思います。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191745j:plain

店内も広めで席数も多いです

カオマンガイ好きな日本人も多いのできっと気に入ると思います。僕はノーマルのカオマンガイよりも揚げてある揚げマンガイの方が好きですw なのでここに来たら大体ミックスを注文します。てかここは2号店って名前なんだけど1号店はどこなんだろうwww

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191809j:plain

ミックスチキンのカオマンガイ

揚げマンガイだけだと少し寂しいですけど、繋ぎで食べる時はこれくらいが丁度いいです。基本的にタレは辛めのが小皿に入ってやってきます。僕はそのタレが辛すぎてダメなのでいつもスィートチリソースをもらってますw

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191856j:plain

揚げマンガイだけのバージョン

店によって、揚げマンガイはガチガチに揚がってて鶏肉の旨みよりも揚げ物の主張が強いとこもあるけど、ここのは鶏肉の旨みが勝っててご飯の鶏だしの炊き込み具合もしつこ過ぎずいい感じです。料金はミックスでも50バーツです。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503191933j:plain

メニュー表はタイ語のみ

少し裏通りだけど広めの食堂なんでスグ分かると思います。本来は店内で注文書を書いてオーダーするみたいだけど、僕はタイ語の読み書きができないので店員さんに直接お願いしてました。書けなくてごめんなさい。それでも美味しいからまた行くと思いますw

ウアンオーチャー2号店の場所と営業時間

ナイトバザールのあるチャンクランロードより一本ピン川寄りの通りです。

【営業時間】
06:30~15:30 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

クィッティアオ ホイカー リンピン

このお店は、『ก๋วยเตี๋ยวห้อยขา ริมปิง-クィッティアオ ホイカー リンピン-』って名前のお店でリンピン地区のピン川沿いにあります。ロングステイの外国人が多いチェンマイなので外国人は見かけるけど、いかにも観光客って感じのお客さんはほとんど見かけない地元の方にめっちゃ人気のお店です。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193019j:plain

クィッティアオ ホイカー リンピン

お店の名前にもなってるホイカーは【ぶら下がった足】って意味みたいですw 何の事やらって思うけどメニュー見て意味がわかりました。ピン川沿いにあるこのお店のテラスには下の絵みたいに川を眺めながらご飯が食べれるカウンター席があります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193053j:plain

メニュー表紙に描かれた足のぶら下がった絵

テラスあるカウンター席からの眺めはこんな感じです。もちろんオープンエアなんで日中は暑いと思いますw 僕はお昼前とか夕方くらいの涼しめな時間帯に行ってました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193119j:plain

ピン川を眺めながら

一般的にクィッティアオを食べる時は、麺の種類とスープの有り無しやスープの種類、豚肉とか鶏肉とか具材をトッピングして注文する感じです。何度も書いてますが、僕がよく食べるのはバミーナームですけどこれは、麺がバミー(中華麺)でスープが正確にはナムサイ(塩味なクリアスープ)です。こんな感じで麺とスープを選んで注文します。いつもトッピングは特に選んでないんで、お店によって違うけどベースになってる具材のつみれみたいのとか何かしらが入ってます。ちなみにこの時は、センレック ナムトックを食べました。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193207j:plain

クィッティアオ センレック ナムトック

センレックは、米粉からできたライスヌードルでタイだと中麺になります。日本の中華麺でいうとこの太麺くらいの太さです。スープのナムトックは、豚の血とかが入ったスープだけど血の味なんかしないし、くさみもなくて深みのある味で美味しいです。僕がタイ風ラーメンを食べる時はバミーを選ぶことが多めだけど、このお店では人気のライスヌードルのセンミー(そうめんくらいの細麺)かセンレックを注文することが多いです。ちなみにクィッティアオ屋さんにはセンヤイっていうパッと見ワンタンかなって思うくらいの極太麺もあります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193307j:plain

バミー ナムトック ムー(ムーは豚肉)

このお店ではカオソーイも人気です。まぁ北部料理なんでタイ北部ならあちこちでカオソーイは食べれますけどw 辛さに対して人並み以下の防御力しかない僕には少しピリ辛だけど、コクがあって人気なのがよく分かります。

f:id:kankoutaishi_taka:20210503193433j:plain

人気のカオソーイ

お店によっては上に乗せる揚げ麺に細麺を使ってるお店もあるけど、僕はこの太さの揚げ麺が乗ってるカオソーイが一番好きです。ここは人気店だけど嬉しいローカル料金のお店ですクィッティアオが40バーツでカオソーイが45バーツくらいだったと思います。一杯がそんなに多くないので二杯くらいはぺろっと食べれると思いますw

クィッティアオ ホイカー リンピンの場所と営業時間

ナイトバザールから歩いて15分くらいのピン川沿いにあります。

【営業時間】
09:00~18:00 無休
※営業時間や休日は変更になる場合があるので事前に確認してください。

 

 

最後に

今回おすすめしたのは、本当に個人的な好みですけど、気に入る方もたくさんいると思います。合わなかったらごめんなさいw チェンマイに行く予定の方で気になった人は行ってみてください!今回おすすめしたタイ料理はチェンマイ以外でも食べれる料理なのでタイ料理をまだよく知らない方は、タイ料理食べる時の参考にでもしてみてください。

おすすめ記事